〈黒の切り札亭〉シリーズ

でいず。編 第4回「黄の木の危機」

1.オープニング/自己紹介  

GM
 では、SW2.0セッション 「黄の木の危機」をはじめますね よろしくお願いしまーす
シャナ

 よろしくおねがいしますっ^^
マオ
 よろしくお願いします。
       
GM
 では現状から
 季節は秋。 みなさんはザルツ地方 ルキスラ帝国のとある大きな街にある冒険者の店、【黒の切り札亭】にいます。
 そこではドワーフの店主フォリッジが依頼帳簿の整理とかをしていますが・・・・
 皆さんは今、何をしているところでしょうか?
クロイツ

 ふむう・・・
シャナ
 何時くらいでしょうか?
GM
 そうですね、ダイスで決めよう
 (ころころ)夕方でした。
シャナ
 夕方ですね
クロイツ
 じゃあ丁度いいw オレはたった今、この店の扉を初めて叩いたところだぜ!w
 なにしろ冒険者セットももってない、新米だからね!w
GM
 なるほど。
マオ
 カウンターで何かぱくぱくしてます。この時間帯なら夕飯ですね。もぐもぐ。
シャナ
 私は、先ほどここに宿を取ったところで、
 荷物を部屋に置いてきて、食堂に下りてきます
クロイツ
 「たのもぅ!(゜Д゜)ノ ババーン」
 おっと失礼;
エルベール
  
 私は店の裏で牛のルルちゃんの世話をしているところでしょうか。寝藁を整えているとおもいます。
 「ルルー、寝藁食べちゃだめー・・・」
GM
 なるほど。では・・・
 夕食をとってるマオに水を注ぎつつ、店主のフォリッジはばばーんと入ってきたクロイツを見ます
GM/店主フォリッジ

 「ほほう、新入りかの」
マオ
 マオも見ますね。
シャナ
 私も、カウンターの席に付きながら、そちらを見ます
クロイツ
 「(゜Д゜)ノ 今日から世話になってやろうと思う!ヨロシクお願いします!」
マオ
 「もぐ?ひんひりひゃんれふか?ひょうほそひりふだへいへ。」
GM/店主フォリッジ
 「ふむふむ・・・見たところずいぶん荒事も平気そうじゃの」
クロイツ
 「荒事は超得意だゼ!」(´∇`)
 「(荒事しか得意じゃないケドネ・・・)」
GM/店主フォリッジ
 「そうか・・・マオ、シャナ。お前さん達、明日ちょっとした依頼があるんじゃがいいかの」
 とシャナにもご飯を出しながら言いますね
シャナ
 「はい?お仕事ですか?」
GM/店主フォリッジ
 「そうじゃ、詳しくは明日話すが・・・」
シャナ
 「もう、お財布の中、少なくて・・ありがとうございますっ!」
GM/店主フォリッジ
 「ふむ、せっかくじゃマオ、裏手のエルベールも呼んで来てくれんかの 多分牛の世話をしとるはずじゃ」
 「魔法使い一人では、この依頼ちとしんどかろうて」
マオ
 「ごくん。…なんでしょう?犬が出なれば何でも大丈夫です。あっ、はい。エルベールさんですね。行ってきます!」
GM/店主フォリッジ
 「相変わらず犬は苦手なんじゃの・・・」
マオ
 「フォリッジさんも軍用犬に三日三晩追われてみてください!絶対、嫌いになりますから…!」(うるうる)
シャナ
 マオさん、わんこ苦手なんだ・・(笑
GM
 ではエルベールも適当なタイミングで入ってきてくださーい
マオ
 (裏手につき)「エルベールさん、店主さんがお呼びですよ!」
エルベール
 「むにゃむにゃ・・・」(寝藁で一緒に寝てる)
クロイツ
 「仕事か・・・フ、さっそくオレのレ↓ジェンド↑街道が始まってしまうのか・・・(*´Д`*)ファッサァ~」
 「だが、待ってほしい。一つ問題がある」
GM/店主フォリッジ
 「なんじゃ?」とクロイツをいぶかしみますね
クロイツ
 「オレは故郷からこの街まで二日かかったんだが」
 「昨日からなにもたべてなry・・・・・・」(バタン
GM/店主フォリッジ
 「シャナ」
シャナ
 「あ、はいっ」
GM/店主フォリッジ
 「飯をやるのと、掃除するのと、どっちにした方がいいと思うかのこやつ・・・」
クロイツ
 「(指で床にダイイングメッセージを書いている)」
シャナ
 「え、えーと、戦士さん、なので、まずご飯がいいかと・・(笑)」
GM/店主フォリッジ
 「ほっほっほ。まあそうじゃの」
シャナ
 「あー、えっと、そうだ」
 戦士さんの前に行って「シャナリーザです、よろしくおねがいします」(ぺこり)
クロイツ
 「ただで食事ができるという、冒険者の店の噂は本当だったか・・・・(スックと立ち上がります)」
シャナ
 「ただ、じゃないと思いますよ?(笑)」
クロイツ
 「お嬢さん、まだオレに惚れるのは早いですよフフフ(*´Д`*)ファッサ~(髪をかきあげる」
 「で、ご飯は?早く盛ってきて!(バンバン」
 「あ、オレはクロイツ。どうぞよろしく(´・ω・`)キリッ」
シャナ
 「はぁ・・?」(一瞬固まります)
 「よ、よろしくおねがいします・・ね」
GM/店主フォリッジ
 「まあ、まずはそこに座ってこれでも食べるといい ただ、出世払いで払ってはもらうからの」
 とパンとシチューをクロイツにだしますね
クロイツ
 「まかせろΨ(`∀´)Ψ ウッヒョーイタダキマース!」
 「ごちそうさまでした(´∀`)(ペロリ」
シャナ
 はやぃっ>クロイツさん
クロイツ
 >シャナ 早食いの設定が生えました
GM/店主フォリッジ
 「いい食いっぷりじゃ しっかり働いてもらうぞい」
クロイツ
 「ふふふ・・・街に到着してすぐに必要とされるとは・・・さすがオレ(´∇`)」
 一方、裏手では……。
マオ
 「エルベールさん…?あ、寝てます・・!起きてください、エルベールさん!」(ほっぺぱしぱし)
エルベール
 「むにゃ・・・あと5時間・・・・・」
マオ
 「ん、んっ・・!もう、しょうがないですね…。んっしょ、んっしょ。」(エルベールさんをおぶってお店に戻り)
GM
 ww
GM/店主フォリッジ
 「おう、マオ。ごくろうさんじゃの」
シャナ
 「わ・・大変」(マオさんを手伝います
マオ
 「大丈夫ですよ、シャナさん…こ、これでも、鍛えて…はぁ、はぁ…!」(エルベールさんをどうにかおろして)
シャナ
 「息切れ切れじゃーないですかっ」肩を貸します^^
GM/店主フォリッジ
 「寝てるならまあ、お前さん達から明日伝えてくれればいいんじゃが・・・」
エルベール
 「あー、おはようごじゃいまーす・・・(クロイツをみて)ダレ? このおじさん」
クロイツ
 >エルベール「オジ・・・Σ(゜Д゜)」
 「は、初めて言われた・・・・・orz]
GM/店主フォリッジ
 「ふむ、依頼の前に自己紹介した方がよかろうかの」
 「お前さん達、明日は一つ依頼をこなしてもらうから、自己紹介して互いに何ができるか」
 「今のうちに確認しておくといい」
GM
 というわけで自己紹介タイムです
 どなたからでもどうぞー
シャナ
 「は、はいっ」
クロイツ
 ドウゾドウゾ
シャナ
 GMさん、指名を・・(汗
GM/店主フォリッジ
 ん、じゃあ年齢順で行きましょか
 最年長のクロイツさんからでもいい?
 セッション前の会話で、年齢について設定したりダイス振ったりの雑談をしてました。
 その結果、クロイツが19歳、マオが17歳 シャナは15歳 エルベールは13歳となりました。
クロイツ
 なん・・だと・・・w
 上からか!w新人なのにw
GM
 新人だからですw 転校生みたいなもんw
シャナ
 マオさんは、おいくつなんでしょう・・エルフさんだし・・(汗
エルベール
 17歳だそうですよ
シャナ
 では、一番上はクロイツさん、ですね^^
マオ
 17です、すみません、直前まで設定していませんでした・・。
クロイツ
 
 「そこのエルフっぽい人! オレはクロイツ! 歳は19だ!まだ叔父さんなんて呼ばれる歳じゃないぞ!これだからエルフは・・・(´・ω・`) 
 あ、ちなみに特技は剣だ。ここで冒険者として是非にと請われたから、今後ともよろしくな!(゜Д゜)」
 は、まてよ今おじさんよばわりしたのは、エルベールだったか・・・?w
マオ
 でしたね、どこもエルフっぽくないです
GM
 うんw
シャナ
 よろしくおねがいしまーす^^(ぱちぱちぱち)
クロイツ
 訂正。「これだから人間の幼女は・・・(゜Д゜)」
GM
 8888888888
マオ
 8888
エルベール
 「やっぱりオジサンだと思う」8888
クロイツ
 ヨロシクお願いします_(._.)_(土下座
 「きぃぃぃぃ(゜皿゜)」
 ファイター4レベルの青年、クロイツ。サブ技能はエンハンサーを1レベルのみという、戦闘特化の冒険者です。
 村で自警団的な物に入って活動していたけれど、大失恋して故郷にいづらくなり冒険者に。騎士としての立身出世を目指しているとの事。
 ファッサ~と髪をかきあげて格好をつける癖があるそうです。「本人は超決まってると思っている。(真剣と書いてマジと読む)」 とはPLの談。
シャナ
 あー・・・
 888、って、拍手だったんですね・・
GM
 ですね<888888
マオ
 いえすです。>シャナさん
シャナ
 勉強になります(笑
GM
 では次はマオでーす
マオ
 「はいっ、わ、わたし…マオ・シャウカロっていいます。軍属だったんですけど、私、食料をぬすみ食いしたってあらぬ疑いををかけられちゃったんです…!
 …それで、軍用犬に三日三晩追い回されて…軍を、やめました…。 ああああああ、犬の息遣いが…!吠える声が…!近づいてきます…!
 (はっ、として)こ、こほん。ええと…ちょっと、その、背が高いですけど…。デカ女って、いわないでくださいね…?よろしくお願いいたします。」
GM
 wwwww
クロイツ
 「ひといきっΣ(゜Д゜)」
エルベール
 「いいなー、私もおおきくなりたーい」88888888
シャナ
 それで、わんこ苦手だったんですね・・よろしくおねがいしますっ^^8888
クロイツ
 「よ、よろしく・・・(;´ρ`)」8888888
GM/店主フォリッジ
 「マオはこう見えてル=ロウドの神官での。他にも色々物知りじゃから 頼りになるわい」
 「犬が絡まなければの・・・(ぼそり)」
クロイツ
 「え!?これでル=ロウドの神官!?(゜▽゜;)」
 「恐ろしく何かに追い詰められてる感がひしひししたけど・・・w」
エルベール
 三日三晩追い回されるうちに「汝がなしたいようになすが良い」って啓示でもうけたんじゃないかな
シャナ
 それ、「だから逃げてルンですーー」じゃないの?(笑)
クロイツ
 なしたいようにナスが良い、だから逃げているのか、追い詰められているから逃げているのか・・・w
マオ
 「そ、そうですっ、これでも神官です!こう見えてとかは、いりません…!」(2m近い体で立ち上がって)
クロイツ
 「オレより背高いΣ(゜Д゜)」
GM
 自由だなあw
 今回唯一のデミヒューマン、エルフのマオ。食べても食べても横ではなく縦に伸びる高身長なのがコンプレックスのおねーさんです。
 生まれ表の「本から大きな影響を受けたことがある」から、雑誌に書いてあるトレンド「小さい子」を目指しているそうですが・・・・頑張ってください。
 取得技能は、プリ―スト・スカウト・レンジャー・セージと多岐にわたり、頼りになるはず。 ただし、犬が絡むと正気を失うのが玉に瑕。
GM
  さて、次はシャナでーす
シャナ
 
 はいっ
 「シャナリーザです。子供の頃に読んだ本に影響されまして・・(もじもじ)冒険者になりたいなって・・思ってました・・。
 でも、父や兄達がゆるしてくれなくて・・・家出、してきましたっ!」
クロイツ
 「家出少女か・・・」
シャナ
 「剣は習ったので、そこそこ使えると思います、よろしくおねがいします」(ぺこり)
GM
 888888~
エルベール
 「家出とかだめだよー」88888888
マオ
 88888
シャナ
 「だめって、もう出ちゃったもん・・//」
クロイツ
 「(冒険者は変わり者揃いだという話は、本当なんだなぁ・・)」88888よろしく!
マオ
 「自由に生きることも、大事だと思いますよ。」
シャナ
 「ありがとーございますー(うるうる」
クロイツ
 「自由か・・・(遠い眼」
 こちらもファイターの本名シャナリーザ・レイン、通称シャナ。元冒険者の父親から剣術を教えられ、3人の兄たちに箱入り娘状態で可愛がられてた牧場出身の少女だそうです。
 幼い頃読んだ「平凡な女の子が冒険者となって長い冒険の末に魔王を倒す」物語から冒険者に憧れるも男ばかりの家庭で許されるはずもなく、成人を機に家出してきたというアクティブな経歴の持ち主です。
 亡くなった母親の代わりに家の料理も任されていたため、一般技能として料理人技能を持つという一面もあります。
GM
 そういう同じく家出少女のエルベール、どうぞー!w
エルベール
 
 はーい
 「エルベールです。川で溺れてたら冒険者さんに助けられたので(中略)家出して冒険者になりましたー。スカウト見習いです。あとちょこっと妖精さんとお喋りもできまーす」
 「よろしくー」
GM
 8888888~
シャナ
 「家出仲間~♪」888888
マオ
 88888
 今回最年少&未成年の13歳少女、エルベール。フェアリーテイマー4Lvの妖精魔法使いです。本人は「ちょこっと」と言っていますが、年齢を考えたら恐るべき才能と言わざるを得ません。
 幼い頃に助けてくれた冒険者の鎧にユニコーンの紋章がついているのを覚えており、そのお礼を言うのが目的の一つだそう。こちらも家出して冒険者になったらしく、シャナと合わせてチーム家出組の誕生です。
 なお、切り札亭の裏手で乳牛のルルちゃんを飼っており、よく店に新鮮な牛乳を提供してくれています。
  ←乳牛のルルちゃん
 
クロイツ
 「え!?この幼女・・・よく観れば少女?も冒険者だったのか!?」よろしく~88888
エルベール
 「特技は牛の乳搾りだよー。朝飲ませてあげるね」
マオ
 「川でおぼれる…人間さんは大変ですね。」
クロイツ
 「しかも家出少女2号・・・・冒険者の店っていうのは、駆け込み寺院とかなのか・・・?w」
シャナ
 「クロイツさん、幼女はないでしょう・・」
クロイツ
 じゃエルベールをジー・・・と全体を観て
 「・・・ぎり、少女?(゜Д゜)」
エルベール
 「むぅ、失礼しちゃう!」
GM/店主フォリッジ
 「実力と信用が伴えば年齢は問わんよ」
クロイツ
 >店主「冒険者すげえな!?Σ(゜Д゜)」
マオ
 「しぼりたて牛乳!」(目がきらきら)
シャナ
 「ぁ、それ、私も欲しいっ!」(絞りたて牛乳)
クロイツ
 「何故突然、絞りたて牛乳・・・あ、気をつけないとおなかくだすんだぜ!(経験者らしい」
シャナ
 「大丈夫、実家も牧場だったから、私、なれてますよ」>クロイツさん
エルベール
 「ルルちゃんの牛乳、明日のませたげるねー」
 (クロイツをみつつ)「ごめんねクロイツさん、この牛乳3人までなんだー!」
クロイツ
 「く、あからさまな疎外感・・・ま、まぁ。大人の男は子供のお茶目くらいは大目にみるものだゼ・・・(*´Д`*)ファッサ~」
GM/店主フォリッジ
 「さて、依頼について話そうかの」
GM
 では依頼の内容ですが、ここからは簡単に内容をば。
 依頼人:画家 メネ
 内容:ギンキオシューターを描きたい
 報酬:1500G(+危険手当300G)/人
GM
 画家のメネは ここ最近 名前の売れてきた老画家です
 ギンキオシューター、という木を描きたい!と思ったのだけど、山登りをしなきゃならないのでその手伝いと、万一の護衛、ということですね
シャナ
 依頼を見て「画家さんの・・護衛?」
エルベール
 ギンキオシューター? どんな木なの? 気になる木!
シャナ
 ギンキオシューターって、どういう木でしょう
クロイツ
 「そういえば、仕事が速攻あるんだったな。木を描きたい?そんな事のためにわざわざこんな高額の金を払って冒険者を雇うのか・・・酔狂だなぁ」
GM/店主フォリッジ
 「うむ、メネはわしの古い友人での。既に木の生えてる山の近くまで行っておる」
GM
 ギンキオシューター、知ってるか判定行ってみましょっか
 【見識判定】知力B+(セージ or バード)+2D です 目標値は7
マオ
 「みんなで飲んだ方がおいしいですから、わたしのぶんをクロイツさんにも分けますよ。…うん、報酬もいいですし…。この依頼は、受けたいですね。」
クロイツ
 >マオ 「ありがとう、エルフのおぜうさん。・・・ふむ、これは大丈夫そうだな・・・・」
 「それにしても、変な名前の木だなぁ・・・(思い出し中」
 見識判定の結果、ピンゾロ振って経験点ゲットしたシャナ以外、みんな知ってました。
クロイツ
 >シャナ 初判定で1ゾロとかw これってビギナーズジンクスなのか?w
シャナ
 そういえば、初判定でした^^
 「ぎんきおしゅーたー・・・キノコの一種ですね・・」
GM/店主フォリッジ
 「ちがうわいw」<シャナ
GM
 ギンキオシューター、は イチョウによく似た木で
 1年通してこの時期にだけ、数日間だけ見事な黄色の葉を付けます。
クロイツ
 イチョウか・・・銀杏・・・?
シャナ
 がーん(笑
クロイツ
 シューター・・・・? は(゜Д゜) やばいもう、嫌な予感しかしなくなってきたゾ
GM
 ただ、そうとう臭いにおいを発する実をつけ、しかもそれを投げてきます。
 この臭い。蛮族が大嫌いでして 結構切り倒されていて 山奥にしか最近は見られません
クロイツ
 うわ的中した!w
エルベール
 嫌いだから切り倒すの? ほっときそうだけどw
GM
 メタい話になりますが、近づかなければだいじょぶですw
シャナ
 生きてるの?やっぱりキノコでは・・
マオ
 えりんっぎーまいたけぶなしめじ♪
クロイツ
 鼻をつまむ何かをつけながら切り倒すオーガとかトロールの姿が脳裏に浮かんだw
GM
 今回は、この木のところまで画家のメネさんを護衛するミッションになります
 以上!
シャナ
 「き、きっと・・あれですよ・・・ホウセンカが、種をはじけさせちゃうみたいに・・・実をぱぱーん、って・・」
エルベール
 「でも『投げつけてくる』って・・・
GM/店主フォリッジ
 「まあ、スケッチするだけなら近づかなくてよかろう。特に準備とか質問がなければ、明日の朝にでも出てもらう予定じゃ」
マオ
 「私、受けたいです。ちょっと臭いくらいなら、私大丈夫ですから!」
シャナ
 「私も、受けるのはぜんぜんオッケーだよ」
GM/店主フォリッジ
 「おう、そうか。半日もあれば現地には着く。弁当を渡すから持っていけ。」
クロイツ
 「護衛か。まぁ最初はそんな感じだよな(´∇`)」
エルベール
 「ピクニックだねー」
シャナ
 匂い対策のために、マントとか、買っておこうかな・・もう一着・・
クロイツ
 「弁当Ψ(`∀´)Ψひゃっほう!保存食を買わないで済む・・・・不味いんだあれ・・・」
GM
 ということで特に買い物とか質問とかなければ場面を移しますが、何かしておきたいことありますー?
クロイツ
 「店主、酒を皮袋につめてくれるかな」
GM
 うなづいて注ぎますね。 酒は自腹でお買い上げいただくがな!>クロイツ
クロイツ
 仕方ない、酒くらいなら・・・いくらだったかな。ワインでいいかな
シャナ
 「あ、お弁当つき、なんだ~♪」
マオ
 「お弁当を頂けるんですね♪」
エルベール
 「最近よくみかける蛮族とか危険なの、いますかー?」
GM/店主フォリッジ
 「ううむ、蛮族はこの木を嫌ってるらしいからの。最近見かけたという話はないが、いたら切り倒しには来そうじゃ」
クロイツ
 もし臭い攻撃を受けたら、防具を洗い流そう・・・w
シャナ
 洗って堕ちればいいデスネ(笑>クロイツさん
マオ
 (ゴゴゴゴゴゴ、という効果音付きでにらんでいます)>クロイツさん
エルベール
 「じゃあ道中危険なところとかは? あと1ドットで切れそうな縄の吊り橋があるとかー」
クロイツ
 >シャナ 不穏な誤字だなw
シャナ
 ごめんなさい・・><
クロイツ
 >シャナ 大丈夫だ、問題ないw
GM
 メタい鼻になりますが、道中は特に何もないです>エルベール
 鼻じゃない話!
エルベール
 そんな鼻ヤダーw
GM/店主フォリッジ
 あははw
クロイツ
 ものすごい広い鼻か・・・w
マオ
 フォリッジさんの鼻に目が行ってしまいます・・・・!w
GM
 さて、それじゃあ場面を移しますねー
エルベール
 鼻だけ鉄色に塗りましょう。おおメタいメタい
マオ
 メタルのメタじゃなくて!w
エルベール
 フォリッジさんの鼻を倒すと経験点が1000くらいもらえるらしいという都市伝説が!
シャナ
 ぇ?フォリッジさん、鼻だけ別の部位?>エルベールさん
GM
 ないないw
シャナ
 えっと、お弁当も出るし・・用意するものは、特にないかな・・?
マオ
 こちらも、特にありません。もしちょっと帰れなくなっても、保存食もたっくさんありますしね。
 マオが出立前に【ラック】をかけて、準備完了。 いざ、山へ!

2.山に到着/「襲われなくってよかったな爺さん(゜Д゜)」  

GM
 では、翌朝出発して半日足らず。
 ちょうど陽がてっぺんにさしかかるころ、目的の山のふもとに皆さんはやってきました。
シャナ
 それは、お昼=お弁当の時間ですね・・・
クロイツ
 「そろそろか・・・依頼者はどこだ?」
GM
 山のふもとの粗末な共同小屋に、画材を担いだ、禿げた頭のお爺さんがいます。彼が画家のメネですね
エルベール
 「現地集合、現地解散の護衛依頼だったら楽なのにねー」
クロイツ
 「あ、あれじゃね? あのハゲたおっさん(゜Д゜)」
GM
 ではクロイツの指さした先、老人が皆さんを見ると慌てて手招きします
GM/画家メネ

 「おーーい!おーーーーい!」
クロイツ
 「それっぽい道具を担いでるぞ」
エルベール
 一瞬でハゲにされてしまったね・・・
クロイツ
 「あ、呼んでる、あれっぽいな」
シャナ
 「行きましょうか(笑)
マオ
 「なんだか慌てていますね?犬に追われているんでしょうか…?」
GM
 まあ、禿げた頭の、っていったしなw
クロイツ
 「(゜Д゜)ノシ おーい」
 言ってたなw
マオ
 GMさんが剥げてるって言ってましたのでw>エルベールさん
GM/画家メネ
 「ようやく到着か! 芸術の平目木は待って拍練のじゃぞ!」
 ちごたw
 「芸術のひらめきは待ってはくれんのじゃぞ!」
クロイツ
 「ちょw おちつけ、爺さん、最初何語かききとれなかったぜw」
エルベール
 平目でもわかる木だから平目木かー、なるほどー
 ぴったりじゃないですかw
クロイツ
 >エルベール 巧い!!!w
マオ
 いじっていきますね、皆さんw
シャナ
 「こんにちは、護衛の依頼を受けた者です」(ぺこり)
GM/画家メネ
 「それより大変じゃ! 蛮族じゃ!蛮族がおる!」
シャナ
 「え?」
クロイツ
 「なぬ!?」
 「挨拶もそこそこで仕事になりそーだぞ、嬢ちゃんがた」
GM/画家メネ
 「お、礼儀正しいお嬢ちゃんじゃの。こんにちは・・・ってそれどころじゃない!」
マオ
 「蛮族!?メネさん、お怪我はありませんか!?」
クロイツ
 (内心、年上の女性が居ないので安心しているクロイツであった)
エルベール
 「蛮族ですかー? 私たちの手に負える相手だったらいいんだけどー、おいちゃんどんなの?」
シャナ
 「どこにですっ?」
クロイツ
 剣を抜いて、背中から盾もだしつつ警戒。。。。
GM/画家メネ
 「怪我はない。わしはここで見とったんじゃがの。角と翼の生えた蛮族が、山の裏手に飛んできおった」
シャナ
 「(エルベールさん、すごく落ち着いてるなー(笑)」
クロイツ
 「なんだ、逃げてるのか」
 剣はしまっとこう(´∇`)
シャナ
 「ご無事、だったんですね」
エルベール
 「角と翼? ルルちゃんに角と翼はえてたら一緒にこれるのになー・・・」
クロイツ
 「襲われなくってよかったな爺さん(゜Д゜)」
GM
 【見識判定】知力B+(セージ or バード)+2D でいってみましょうか。 目標値は10
シャナ
 ライダーが出来るのは、まもの判定でしたっけ?
GM
 ですね。明らかに蛮族だとわかってますし、【魔物知識判定】でもいいですよ>シャナ
 判定の結果、シャナとマオが目標値を突破。
GM
 シャナとマオはわかりましたね ドレイクという蛮族です
クロイツ
 ドレ・・・!?w
GM
 はい。ドレイクです
 弱点云々は直接対峙した時に。
マオ
 なるほど、なかなかの…。
シャナ
 「それって、きっとドレイクじゃないかな・・」
GM/画家メネ
 「そう、ドレイクじゃ!」
 「しかも何やら呪文を唱えて ゴーレムを作っておった。こっちは近づけんからよくわからんかったがの。」
シャナ
 プレイヤーが分からなかった・・ドレイク・・//
マオ
 「ドレイク、ですね…。なかなかの強敵です。」
クロイツ
 「なんだと・・!?ドレイク・・・!?(゜Д゜)(訳知り顔」でも判ってない
エルベール
 「へー、どれーくかー」(アホっぽい顔で
シャナ
 どのくらいの強さなんでしょう
クロイツ
 竜に変身する、高位蛮族だねぇ
マオ
 「ドレイクとはですね・・・(説明)」>エルベールさん
GM
 モンスターレベル6 しかも追い詰められると竜に変身する 蛮族のエリートですね
シャナ
 「魔法、使うんだ・・」
クロイツ
 「むぅ・・・ドレイクか・・・(゜Д゜)(判ってない」
GM
 竜に変身すると、3部位の強敵になります。
マオ
 しかも、竜になったらそれまでの傷が全部癒えるんです…!
GM
 ですです>マオ
エルベール
 「つまりお手上げ?」
クロイツ
 マオの説明に耳をそばだててよう
シャナ
 「中盤の山場なんだよね・・7巻に出てくるんだ・・(ぶつぶつ)」
GM/画家メネ
 「お主らはプロじゃろう!ギンキオシューターが狙いに違いない 何としてもドレイクよりも先んじてスケッチを書き上げるんじゃ!」
マオ
 「…お手上げとまでは…しかしかなり、、難しい相手です。」
クロイツ
 「な、7巻・・・・・?(゜Д゜)」
GM/画家メネ
 とメネは画材を担いで山にずんずん進んでいきますね
シャナ
 「主人公、一度・・負けて・・」(ぶつぶつ」
GM
 お話に出てきて知ってたのかw 納得
シャナ
 経歴「役に立たない知識を持っている」です
GM
 なははw
シャナ
 「はっ!ごめん、なんでもないっ!」
クロイツ
 >シャナ「お、おう(゜▽゜;)」
マオ
 「冒険活劇ですね?ふふ、帰ったらまた聞かせてくださいね。」>シャナさん
シャナ
 「ぇ?私、話し出したら・・一晩語るよっ??(めっちゃいい顔」>マオさん
マオ
 「いつまででも、聞きますよ。(シャナさんににっこリ笑って)」
クロイツ
 「まぁ、それは宿に戻ってからな(゜▽゜;)」
シャナ
 「はい・・」
 「木、危険、ですねっ!、すっごく!」
クロイツ
 「ふうむ強敵だな(マオの話を聞いて)。しかし、オレの伝説を始めるには、ふさわしい相手だ・・・!フフフフ(*´Д`*)ファッサ~」
エルベール
 「護衛する立場としてはー、そんな危険などれーくがいる場所へ連れて行けないですよね?」
 「引きずってでも連れて帰るべきだと思うんだけど、私の筋力じゃ引きずられそう」>筋力9
GM
 たしかにw
クロイツ
 「さて・・・しかしそんな頭も良さそうな蛮族が、狙ってる?木まで、一般市民の画家を連れて行くのは、かなり至難っぽく感じるのだが」
 ああ・・・・・こんなまともな発言をするキャラじゃないのに・・・w
エルベール
 「うん、話のわかるおじさんでよかったー」
GM
 まあぶっちゃけ ドレイクと戦闘になっても メネさんは戦闘には巻き込まれません
 離れてみてるので。
 ただ、PCが全滅でもしたらわかりませんがw
エルベール
 ぶっちゃけられても、そんなの私らしりませんしー・・・
マオ
 「メネさん、どのくらい近づけば、絵は描けそうですか?」
GM/画家メネ
 「そうじゃの、できれば20mくらい。ギンキオシューターの実が飛んでこないギリギリくらいまでならOKじゃ」
クロイツ
 「マオの話だと、結構高位な蛮族っぽいな・・・・その上、爺さんの話だとゴーレム?とかいうのを創っていたそうだけども」
シャナ
 「その木に、蛮族が行っているか、偵察してきてみます?」
GM/画家メネ
 「数年前に一度スケッチしに来たから場所の目星はついとる。わしが行かんとよくわかるまい」
クロイツ
 「木の場所が判っているなら、それも手か」
 自警団モード!w
シャナ
 「メネさん、地図描けませんか?」
GM/画家メネ
 「描けるが、描いたらお前らわしを置いていくじゃろう? わしは絶対行くぞい」
クロイツ
 「爺さん、絶対付いて来る気マンマンだな・・・w」
シャナ
 「うー・・(ぼそっ)頑固だなぁ(笑)」
クロイツ
 「爺さん、マオの話だと、オレ達より格上の相手っぽいから、かなり危険だぜ?」
 「一旦、どこか安全な場所に身を潜めて、退治してから、スケッチ?てのをするほうが良いんじゃないか?」
マオ
 「わかりました。・・・・ですが、わたし達の指示には、必ず従ってくださいね?」(高所から)>メネさん
GM/画家メネ
 「危険が怖くてこの年まで画家やっておらんわい 水だけで2週間すごしたこともあるんじゃぞ!」
クロイツ
 >メネ「サバイバリティの高い絵描きだな・・・w」
マオ
 「…… し た が っ て く だ さ い ね ?」>メネさん
GM/画家メネ
 「お、おう・・・・・! (敬礼)」>マオ
シャナ
 「では、一応木のところまで行って見て、様子をうかがいましょう」
クロイツ
 「さすがエルフ、すごい迫力だ(゜Д゜)(根拠は無い」
マオ
 「はい、では、行きましょう。け、敬礼はいいですから…!」
シャナ
 「そう、これでもし勝てれば・・一歩勇者に近づくの・・私・・(ぼそぼそ)」
クロイツ
 「んむ。伝説の騎士への第一歩としては申し分ない相手ダナ!(´∇`)」
エルベール
 「うー・・・危なくなったら逃げようね」
シャナ
 「ひゃっ・・き・・聞かれたぁ・・(赤面)」
クロイツ
 「気にするな(´∇`) オレ様も夢は英雄譚に出てくるような騎士だ!オレの場合は、そう遠くないケドナ!(*´Д`*)ファッサ~」
マオ
 「勇者に騎士…ですね。うんうん、いい目標です。」にこにこ
 この間、PL同士でも「ドレイクと会ったら戦う?逃げる?」「キャラ的には戦うと思う」というような相談も並行して進んでました。
 はてさてどうなることやら・・・?。

3.山頂へ向かえ!/「いただきまーす♪」  

GM
 ではここからは、皆さん5人に山の中に入ってもらいます。
      
GM
 スタート地点はAかB、1エリアは抜けるのに1時間かかると思ってください。
 そして、各エリアごとにランダムでイベントが起こります。 ゴールであるHマスまでたどり着けば ギンキオシューターの生えているところです。
クロイツ
 ふむふむ
GM
 なお、ドレイクはBマスに入って1時間先行しています
クロイツ
 げw近くにいるww
 スタート地点にもイベントはあるのかな?
GM
 いえ、AかBから選んで下さい。 現在時刻は12時です
エルベール
 突撃、隣のドレイクさん
GM
 で、AかBマスにはもうイベントがあります。以上!
 何か質問ありますかー?
マオ
 つまり、Bはドレイクがもう通った道…。ですね。
GM
 ですです。ただストレートにドレイクがゴール目指すかはわかりません。 ドレイクは探り探り行きますんで
 なお、ドレイクの進行ルートはもうシナリオで決まっているので、途中ぶつかるかどうかは皆さんの選択と運しだいw
エルベール
 スケッチって何時間かかりますかー?
GM
 スケッチはおよそ2時間といったところかな。 画材一式フル活用!w
クロイツ
 他に蛮族の気配はない、というのは重要な情報だったぜw
 隣接してないエリアへ移動は可能か?
シャナ
 羽あるって言ってましたし、飛んでいけちゃうんじゃないかな?(笑
GM
 それはない。隣接エリアにのみ移動可能です
 空を飛ぶ、というのも含めてね。
マオ
 激突は回避の方向で行くのですね。
クロイツ
 回避できれば、いいんだがw
エルベール
 理想はドレイクの目を出し抜いて、とっととスケッチさせて帰ることだと思うのです
クロイツ
 たしかに。頑固じいさん、絶対待ってないだろうしな・・・w
GM
 ふむ、じゃあ AかBか、45分にファイナルアンサーでよろしかな?
エルベール
 A→C→F→H でいいです?
マオ
 全然討伐任務ではありませんしね。うん、基本方針はそれで行きましょう。Aに一票!
クロイツ
 冒険者の先輩達(幼女勢)に従おうw
シャナ
 私もAからでいいと思いますー
エルベール
 A→B→C→D→E→G→F→H の山登り堪能ツアーでもいいですけどw
シャナ
 それ、確実に野宿つきだよね?(笑)
GM
 あ、各エリア内ですが10分以内の魔法やアイテムの使用はご自由に。
 依頼人(と自分たち)の安全を第一に考える冒険者たち。 プロとして正しい姿勢だと思います。
クロイツ
 「よし!決まったならまずは」
 「飯だな」
 お弁当ひらきつつ・・・・
シャナ
 お弁当!
マオ
 「いただきます♪」
シャナ
 「いただきまーす♪」
マオ
 草の出番ですね。
クロイツ
 「いただきます(*´人`*)
GM
 おお?おべんとうタイムとる? 1時間くらい行っちゃう?
クロイツ
 「(*´人`*)ごちそうさま!」
 クロイツはすでに、早食い設定生え済みだw
マオ
 できるだけ早食いしますね!
GM
 ww
エルベール
 「(ご馳走様と同時に)いただきまーす」
マオ
 「んーっ、おいしいです…♪」
エルベール
 あ、ところで鎧にユニコーンの紋章ないですよね?>クロイツ
クロイツ
 >エルベール なぜ!?w ネタが判らないw
エルベール
 エルベールは川で溺れた際に、紋章つきの鎧きた冒険者に助けてもらったので
 鎧着てる人はもれなくチェックする義務があるのです
 なお、義務が今更の模様
クロイツ
 >エルベール 残念だが、そんな洒落たヨロイは買ってないなw
シャナ
 ユニコーン?馬だよね?馬だよね?可愛いよねっ?^^
GM
 馬ですねw 種類で言うと幻獣ですがw
クロイツ
 でもアイツはたしか、その・・・・w
 限定的な女性にしか、可愛げなかったような?w
エルベール
 「紋章ない? よかったー(もぐもぐ)」
クロイツ
 「??そ、そうか、良かったのか」
シャナ
 ぁーん、馬早くほしいー
クロイツ
 オレは特に会いたくないなぁ・・・w
エルベール
 「馬さん可愛いよねー」
シャナ
 こくこく(お弁当食べながら、激しくうなづき)>エルベールさん
マオ
 「そうですね。私も動物は大好きです。」※ただし特定の種類は除きます
シャナ
 「はんにゃ・・やはひい・ろうぶしゅ・・いにゃいひょー・・もぐもぐ(あんな優しい動物いないよー)」
エルベール
 「シャナさんは毛色なにがすきなのー?」
 「私、栗色の馬が家にいるけど、かわいいんだよー」
シャナ
 「私もっ。白いのも良いけど、やっぱり栗毛だよねーー」
GM
 この牧場コンビめw
クロイツ
 今回は登山だしな・・・w

4.登山開始/「らってGMがせかすんだもん」  

エリアA(12時)

      
GM
 さて、では12時スタート。エリアAに行きますね。
 どなたか一人、1dふってくださーい
クロイツ
 「(酒をちょっとだけ呑みながら)さて、そろそろ出発するか」
マオ
 ここはわたしが!大事な後半では振りたくない!
クロイツ
 じゃ新人枠でオレがふるか・・・・w
 シャナは、お馬の話に花がさいてそうだしな・・・w
マオ
 (ころころ) 出目は4
GM
 特に何も起こらなかった。
クロイツ
 ってふってるじゃん!(゜Д゜)つ
GM
 ちw 運のいい。
エルベール
 早い者勝ちなのです
クロイツ
 あ、そうか、大事な後半にふりたくない、だったなw
 後半大事だから今はふりたくない!かと思ったw勘違い読みw
エルベール
 大事なところで振って「今日の戦犯さん」として表彰されるのやだなぁw
クロイツ
 戦犯なんていないんだ!w
 道がなくなるくらい、生い茂ってたりするのかな・・・・
GM
 ただ、湿った気配はやはり牧場よりも森のもの。次第に獣道になっていきますね・・・
 緑の中、だんだんと草の香りが強くなっていきます。
マオ
 「ほうでふにぇ、やはひぃでふ。けにゃみもよふへ…。」もぐもぐ
エルベール
 「ひゃにひってるは、わはんない(もぐもぐ)」
クロイツ
 「まだ食べてたのか・・・・w」
シャナ
 「れひょー?む・・むぐっ・・お・・おひゃ・・ひょーらい・・」(でしょー?むぐっ・・お・・おちゃ・・ちょうだい)
クロイツ
 「あー、君達、食事は座って、ちゃんと噛んで食べないと、美容に悪いぞ?(゜▽゜;)」
 3人ともまだ食ってるじゃないか!!w
 どうしてこうなったw
エルベール
 「らってGMがせかすんだもん」
クロイツ
 メタい!w
GM
 メタいw
マオ
 「ごっくん。…敵の気配はありませんね…。何もないみたいです。(お茶を渡しながら)」
シャナ
 (お茶・こくん)「クロイツさんが、食べるの早すぎるんですっ(笑)」
クロイツ
 「早く食わないと、なくなるんだ。飯というものは・・・・」
 「(遠い眼)」
エルベール
 「クロさん、恵みに感謝して食べるんだよ、ご飯は」
GM/画家メネ
 「お前さん達、ホントに大丈夫なんじゃろうな?」
クロイツ
 「大丈夫だぜ!(多分)」
エルベール
 「大丈夫だよメネさん、おいしかったよ!」(指びしー!
シャナ
 「大丈夫ですっ、このぴかぴかの剣見てくださいっ!」(びしっ
クロイツ
 「(剣がぴかぴかって、新品の剣ってことは戦闘経験がないってことじゃないのか・・・(゜▽゜;)」
エルベール
 「敵を寄せ付けない剣、といえばカッコイイですよ、たぶん」
シャナ
 「か・・買ったばっかり・・なんだもん・・・」
クロイツ
 「おい、あぶねっw こんな狭い道で振り回すな(゜▽゜;)」
マオ
 ですね。…むしろ光っている剣って。光で敵に気づかれそうですねw
GM
 ですね。ではシャナが剣を振りつつ、Cに移動かな?

エリアC(13時)

      
GM
 では 13時 エリアC
クロイツ
 道はあるんだな。獣道とはいえ
 周辺を警戒しておくぜー
マオ
 とにかく、何も起こらなくてほっとしました・・。つぎ、Cですね??
クロイツ
 この辺は、自警団時代と同じだなぁ・・・
エルベール
 ケモナー道 と変換すると違う道にいってしまいそうな道ですねー
GM
 ランダムダイス、1dでどうぞー
クロイツ
 じゃ次はシャナいっとくか
シャナ
 はいー。
 えいっ (ころころ) 4
GM
 ふふふ・・・
クロイツ
 いろいろダメじゃんww
エルベール
 4しかでない呪い
シャナ
 はりゃ・・
マオ
 何かあるんですね…。
エルベール
 なにもなかった
 GMがこういう含み笑いするときはなにもない
 きっとそうだ
 な ぜ わ か っ た の か。
GM
 特に何も起こらなかった。くそう!なんでピンポイントで4なんだよう!
クロイツ
 びぎなーずらっく(‾ー‾)計画通り
エルベール
 ほらねー
マオ
 やったぁ!
シャナ
 神様が4、って言ったからー
GM
 ただ、ここから上は森が途切れ、岩場になっていきます
マオ
 「くっ、ふ…はぁ、はぁ…!い、いわば、ですか…。」
クロイツ
 「歩きづらいな」
シャナ
 「ここ、登るのは大変そうですね・・」
エルベール
 「え、そう?」(田舎育ち
GM/画家メネ
 「何じゃだらしないのう!芸術とはすなわち体力じゃ!とっとと登れ登れーい」
シャナ
 「空気おいしくなったよね?」(田舎育ち)
クロイツ
 「金属鎧には結構大変だな(゜▽゜;)」
シャナ
 「だめですよぉ、クロイツさん、登山にそんなの着てきちゃ~」
GM
 特に何もなければ先に進みますがよろしいですかー?
エルベール
 何もないんですよね、ここ
 先にいきましょう
GM
 イベント的にはね。
クロイツ
 「騎士は鎧を着るものなのだ(*´Д`*)」
マオ
 「芸術とは、私は一生無縁でいいです…!」
クロイツ
 もうお弁当食べちゃったしな
GM
 りょーかいです
マオ
 草を炊きます!
エルベール
 「芸術とは爆発するものって聞いたよ?」
クロイツ
 個人的には、周りに例の奴がいないのか
シャナ
 「進みましょうー」
クロイツ
 見えないか、探してみるぞ
エルベール
 もちろん警戒して進みますよー?
マオ
 いえあの!あのっ!草を炊きます!
クロイツ
 とはいえ、見える範囲には影もないか・・・・
エルベール
 Fからは遭遇危険のあるポイントですからね
GM
 そうですね、パッと見える範囲にはいません。 このエリアにはいないようです
 ただ、
シャナ
 ド・・ドラ○○?
クロイツ
 >シャナ おっと、そこまでだw
 ラック分のMPかw
GM
 通ったかどうか足後調べるなら、【探索判定】知力B+(スカウト or レンジャー)+2Dです
シャナ
 レンジャーで、調べます
クロイツ
 「ふむふむ・・・」
マオ
 えぐぅ、これ、調べたら草丈ませんよね?
GM
 10分以内ですんで、探索か草かどっちかですね>マオ
 探索判定の達成値は、エルベールが10、シャナが9。ピンゾロを出したクロイツを見て、マオも魔香草を放り投げて探索に参加します。
エルベール
 クロイツさんそっち崖だよー
クロイツ
 「うお!?」
シャナ
 危ないですよー
マオ
 出ますね、50点が・・・w
クロイツ
 「あぶねぇ・・・(;´ρ`)」(どうやら他の何かに気を取られていたようだ」
GM
 ではクロイツは崖から危うく落ちずに済みました。
 エルベールとシャナは 特に足あとはないと思いました。
シャナ
 「うさぎの足跡しかなかった・・」
クロイツ
 「うさぎか・・・・(‾¬‾)」
マオ
 (ころころ)11でした。
クロイツ
 お、さすが
GM
 マオもより慎重に調べましたが、やはり通ってないと思ったようです
マオ
 これは…本当に通っていないと、信じたい・・・・でしゅ!
 で、です!
クロイツ
 「気をつけながら進むとするかー」
マオ
 進みましょう。草の方だったかな・・。

5.山の中腹にて/「ん・・・?なんか綺麗な石がおちてるぞ」  

エリアF(14時)

      
シャナ
 景色が変わったよ~
GM
 14時 エリアFですね ここからは岩が多くなります。
エルベール
 「そういえば、メネさんにどのルートが良いのか聞かなかったねー、あははー」
シャナ
 一応、まっすぐに進んで、Hを目指すほうが、時間的にはいいと思うんですよね
GM/画家メネ
 「そりゃあ一刻も早くスケッチはしたいが そこのエルフの嬢ちゃんに 言うこと聞けって言われたしの」
クロイツ
 「エルフは怖いんだな・・・w」
GM
 ではどなたか1dどうぞー ここからはちょっと内容が変わります
エルベール
 クロイツさんどーぞ
シャナ
 どぞどぞ^^
エルベール
 1ゾロぱぅわーでGM喜ばせてあげて下さい
クロイツ
 むむむ
 1dで1ゾロはでんがw (ころころ) 6!
エルベール
 なんかでかいめきたー
マオ
 !!
クロイツ
 フ(*´Д`*)ファッサ~
シャナ
 何かありそうです^^
GM
 魔晶石を見つけた! 「3」点の魔晶石を「1d+1」個見つける。
エルベール
 おおー
シャナ
 わー
GM
 クロイツさん、1d+1どーぞ
クロイツ
 「ん・・・?なんか綺麗な石がおちてるぞ」(ころころ) 
 「6個あったぞ(*´Д`*)ひろってみた」
 フフフ・・・・w
シャナ
 私、魔法使わないから/
 マオさんと、エルベールさんで、どーぞ^^
エルベール
 エンハンサーでつかえますよー
クロイツ
 練技使いだし、一個は貰っておこうかな
エルベール
 ちょうど3点だし
シャナ
 あ・・そうだった・・
マオ
 「わぁ、いいものがありましたね!」(クロイツさんにはしゃいだ顔を見せて)
クロイツ
 「フフフ。。。オレは眼も良い(*´Д`*)ファッサ~」
 という訳で1個もらうぜw
シャナ
 「じゃあ、私も、いっこ・・//」
エルベール
 「メネさんはいりますかー?」
GM/画家メネ
 「いらんいらん。ワシはそういうのには疎いんでの」
マオ
 「眼はいいんですね!」
エルベール
 「眼『は』ってどういう意味なんだろー・・・」
 じゃあ2個もらってもいいです?
シャナ
 どうぞどうぞー
クロイツ
 どうぞどうぞ
 「眼『も』って言ったんだ(゜Д゜)」
GM
 ん―と、内訳はクロイツ1 シャナ1 エルベール2 マオ2 かな?
マオ
 「すみません、2個いただきますね。」
シャナ
 (こくこく)
クロイツ
 素晴らしい戦果だ・・・・・w
GM
 各自キャラシートか手元のメモにでもに追加しておいてください。
エルベール
 「よかったよかった。じゃ、魔晶石手に入ったし、かえろっか」
クロイツ
 「そうだな(´∇`)」
 めでたしめでたし。  ってそんなわけあるかー(机バンバン!)
GM/画家メネ
 「まてえええい!」
エルベール
 「ですよねー・・・」
GM/画家メネ
 「今帰ったら違約金を払ってもらうぞい」
クロイツ
 「Σ(゜Д゜)冗談だゼ・・・(汗)」
シャナ
 「ちゃんと木まで、行きますよー」
GM/画家メネ
 「うむうむ。そこの嬢ちゃんはええ子じゃの わかればいいんじゃ」
エルベール
 「だってどれーく、やなんだもん」
シャナ
 「確かに、ドレイクは嫌だよねー(汗」
マオ
 「大丈夫ですエルベールさん、きっと必ず、何とかなりますよ!」ふんす
エルベール
 「まぁ何とかするために私たちがいるんだもんね」
クロイツ
 「そうだぜ! なにしろオレもいるしな!(´∇`)」ふんす
エルベール
 ちなみにここでも足跡していいです?
GM
 いいですよ。【探索判定】知力B+(スカウト or レンジャー)+2D ですね
 さっきとは逆に、マオの出目が振るいませんでしたが、判定達成値は全般的に高め。
GM
 さっきより確信をもって「多分ここは通ってない」と言えますね!>エルベール シャナ
 マオは・・・うんその、がんばった!
マオ
 あぐぅ、判定しない方がよかった…!
クロイツ
 >マオ 肩ぽん
マオ
 「あ、いがぐり・・。」(栗に気を取られていて)
シャナ
 「うん、ここには山ねずみの足跡しか無かったよ」
エルベール
 「では山頂、いきますかー?」
シャナ
 「山頂出る直前に、偵察したいよね?」
 着いてからでもいいのかな・・?
クロイツ
 「まぁ、オレのヨロイははっきり言って、煩いからな・・・w」
エルベール
 「そだねー、ついたら私【サイレントムーブ】で足音消して動けるから、いってくるよー」
シャナ
 「一応私レンジャーだから、付いていこうか?」>エルベールさん
GM
 ま、偵察は着いてからでもいいですよ

エリアH(15時)

      
GM
 では
 最後(になると思う)ランダムダイス 1dどうぞー
エルベール
 ここもランダムあるのね・・・
GM
 一応ねw
エルベール
 ふるよー?
GM
 どうぞ。最後はエルベールかな
クロイツ
 ダイス次第で、そこには一面の臭う銀杏の木が・・・・!?
エルベール
 大惨事表で威力発揮する我がダイスよ!煌け! (ころころ)5。
クロイツ
 目は高いがはたして
GM
 ちぇ。なにもなしだー
マオ
 へいわだにゃあ
GM
 出目次第では強制的に1マス移動、ってのもあったんですよw
クロイツ
 我らには幸運の神の加護があるようだw
エルベール
 ちょっとそのランダム表、がばがばじゃないですかねー?w
GM
 リプレイ時に公表しまっすw
エルベール
 私、出目6の「金のなる木を発見」イベントがよかったなぁ
 てきとう
シャナ
 何も無くていいのよ^^
クロイツ
 10万ガメルが生っているとかだな!
マオ
 わたしは1の「図書券のなる木を発見」がよかったです。
シャナ
 じゃあ私、1の「子コボルドの群れ」がよかった・・
GM
 好き放題にランダム表作るな君ら!w
 というわけで 本当のランダム表はこちら。
 ★A~Eのイベント(ランダム)
 1― 土砂崩れだ!
      隣接する周辺1マス(上以外)にランダムに落ちる。 「2d+10」点の物理ダメージを受ける。受け身は可能。
 2― 大量のヒルがまとわりつく。鎧の隙間からも入ってくるぞ!
      HPを「1d+3」点失う。
 3― 画家メネのインスピレーション!描きたいモチーフが浮かんでしまった。
      1時間はテコでも動かないぞ!(説得は可能。目標値は15)
     ※探索につくPCは説得不可。
 4― 特に何も起こらなかった。
 5― 珍しいキノコを発見。探せばもっとあるかもしれない。
      レアなキノコ(60G)を「1d/2(端数切り上げ)」個発見。探索判定(目標値10)で成功したPCはさらに「1d/2(端数切り上げ)」個発見する。
 6― きれいな湧水があるぞ。美味しそう♪
      飲めばHP・MPを「1d」点回復する。 保存すると鮮度が落ちるので回復効果ははなくなる。
 ★F~Gのイベント(ランダム)
 1― 土砂崩れだ!
      隣接する周辺1マス(上以外)にランダムに落ちる。 「2d+15」点の物理ダメージを受ける。受け身は可能。
 2― 乳白色の霧が出てきて、数m先もよく見えない。
      地図作製判定(目標値10)に全員が失敗したら、霧が晴れるまでさらに1時間を消費する。また、ここでの探索などには「-4」のペナルティが入る。
 3― キノコの胞子があたりに漂っている。なんだか息苦しいぞ・・・。
      生命抵抗判定(目標値11)に失敗したPCは「1d+5」点の毒属性魔法ダメージを受ける。
 4― 特に何も起こらなかった。
 5― 特に何も起こらなかった。
 6― 魔晶石を見つけた!
      「3」点の魔晶石を「1d+1」個見つける。

6.山頂に着いた/「(こくこく)」←喋れない  

      
GM
 では、Hマスのエリアについたみなさん
 ここにつくなり、メネは
GM/画家メネ

 「ここじゃここじゃ!この洞窟の奥が天井に穴の開いた行き止まりになっておってな。そこにギンキオシューターがあるんじゃ」
GM
 と言ってはしゃぎだしますね
シャナ
 洞窟抜けるの?
GM
 いや、さすがに今からダンジョンアタックはないですw
クロイツ
 「洞窟の中に生えているのか・・・」
マオ
 「え?上らないといけないってことですかぁ…?」(がくーん)
GM/画家メネ
 「きっと洞窟の中じゃったから見つかりにくかったんじゃろうて」
GM
 そして、洞窟の入り口からは、ほのかに臭いにおいが漂ってきます
クロイツ
 ほのかにクサイのか・・・w
シャナ
 とりあえず、はしゃいで走り出しそうな画家さんの手をつかんでおきます・・
マオ
 「う、うぇぇ…もう臭いです…!」
シャナ
 「うわぁ・・確かに・・匂うねぇ・・」
クロイツ
 「なんか臭いを消す魔法とかないのか・・・?(-_-;)」
GM/画家メネ
 「芸術のためじゃ、ガマンせえ」
エルベール
 「においはむりー」
GM
 さて、メネは言ってずんずんと進んでいきますね
シャナ
 ハンカチ出して、口元覆います(汗
クロイツ
 ハンカチ・・・その手があったかw
 しかしもってねえ!しょうがない、ついていくぜw
マオ
 「くぅう、髪や服に、臭いが付きます…。保存食も、四週間分、後で買いなおさないと…。」
クロイツ
 「おいおい、爺さん、1人で先に行くと危ないぞ!」
シャナ
 「はしゃいだら、だめだってば!(笑」>画家さん
GM/画家メネ
 「芸術が待っておるんじゃ。いっくぞーーい!」
エルベール
 「おかしいなぁ、メネさんに【ブレイブハート】かけたっけー?」
シャナ
 「帰ったらお風呂行こうね(笑)」>マオさん
マオ
 「行きましょう、お風呂…」
シャナ
 お風呂、あったらね^^>マオさん
クロイツ
 「ピクッ お風呂・・・(´∀`)」
 行く先に、誰かいる様子はあるかな
 気配とか、音とか、声とか
GM
 特に今のところ気配は感じませんね
エルベール
 「とりあえず偵察いきますねー」
GM
 ほいさ。ではエルベールが一足先にダッシュ?
エルベール
 【サイレントムーブ】していきます
シャナ
 「ついてくよー?」エルベールさん
エルベール
 2人だとMP消費2倍になるので
シャナ
 そっか、じゃあお願いっ
マオ
 お任せです。
エルベール
 じゃあ【サイレントムーブ】の行使判定を(ころころ)かかったー
 「(いってきまーす)」←もう喋れない
 では抜き足差し足千鳥足でいってきます
シャナ
 「いってらっしゃーい」(手を振る)
エルベール
 「(こくこく)」←喋れない
GM
 では、ちょっと視点をエルベールに移しますね。
 洞窟はさほど深くはないです。だんだんと下に降りていく感じですが、5分ほども進むとすぐに行き止まります。
 そして、その行き止まりの先は ひときわ大きな広間になっており
 見上げるとそこから天井は大きな穴になって光が差し込んできています。
エルベール
 
 「(こくこく)」←喋れない←しつこい
クロイツ
 w
シャナ
 あはは(笑
      
GM
 そして・・・・きつい臭いともに
 見事な銀杏の大木が1本、そこには生えています。 これがギンキオシューターでしょう。
エルベール
 「(こくこく)」←喋れない←しつこい←だって喋れない(以下ループ
 周囲に蛮族がいないか警戒します
GM
 了解。見える範囲にはいませんね。
エルベール
 あととっさの場面に隠れることが出来るポイントがないかもチェックします
シャナ
 (すごい・・プロみたい・・)
GM
 では【探索判定】いってみましょっか
 10以上で手ごろな岩が見つかります。
エルベール
  自信ないわー(ころころ)9。
クロイツ
 おしい・・w
マオ
 惜しい!
シャナ
 1足りない><
エルベール
 ゆびわが・・・・
 ぷるぷるふるえて・・・
クロイツ
 やっちゃうのか・・・?w
エルベール
 静まりました
GM
 じゃあ、色々岩場はあるけど隠れるほどの大きなところは見当たりませんね
エルベール
 帰ります
GM
 では戻ってきたということで。
シャナ
 おかえりなさい
エルベール
 ただいまでーす
 ああ、【フェアリーウイッシュ】つかっておけばよかったなぁ
シャナ
 お手伝いしてくれるやつですか?
エルベール
 「(こくこく)」
クロイツ
 そんなのもあったなぁ
 「おかえりーどうだった」
 って、待ってる間、一応周辺は警戒しておくね
 後ろから来られる可能性もあるしな・・・
シャナ
 「あれ、まだ声でないのかな・・?」
エルベール
 「(こくこく)」鼻を摘んだジェスチャーのあと、でも誰もいないから大丈夫ジェスチャーをします
マオ
 「お疲れ様です。どうでした・・?」
クロイツ
 「すげークサイってことはわかった(´_ゝ`)」
GM/画家メネ
 「蛮族はおらんかったんじゃの?」
シャナ
 「臭い・・ケド・・蛮族いない・・だいじょーぶ・・だね?」
エルベール
 「うん」 【サイレントムーブ】解除
マオ
 「今がチャンス、ですね・・!」
クロイツ
 「よし、じゃあなんも居ないうちに、行ってしまおうぜ」
シャナ
 「さくっと、いっちゃおっか」
エルベール
 出入り口ここだけですかね?
 入っちゃうと退路なさそうでイヤなんですが・・・
GM
 ですね。さっきの広場も行き止まりで他に道はありませんでした。脇道もね。
クロイツ
 入る以外、方法が(スケッチの)なさそうだw
シャナ
 ここでみはってるのもいいけど
マオ
 でも、縦穴も空いてますしね…。
シャナ
 空から来たら、って言うのもあるんだよね
クロイツ
 空が飛べる奴には、侵入口にはなりえるな・・・ゴーレムは無理としても。担いでくるかもしれんがw
GM
 その場合、ゴーレムさんと別行動になるでしょうけどねw
シャナ
 でも、一応、ここに見張りで一人いたほうがいいかな?
クロイツ
 分かれて行動ってのは、さすがにドレイクと言われると、危険な気がするな。
エルベール
 「隠れる場所あんまりわからなかったから、シャナさんみてくれる? で、隠れながら描けばいいんじゃないかな?」
シャナ
 「うん、わかった調べてみるね」
エルベール
 入り口から木まで距離どれくらいでした?
GM
 広間までは5分くらいですね
マオ
 結構ありますね。
シャナ
 歩いて5分って、けっこうありそうですね
クロイツ
 万一、入り口で戦闘になったら、絶対に間に合えないなw
エルベール
 「まぁメネさんが『その場所からのスケッチはいやじゃ』とかいわれたら仕方ないけど」>隠れながら描く
クロイツ
 >エル ありそうだなぁw芸術家だしw
 「この構図でなければいかん!(゜Д゜)」とかw
シャナ
 構図・・ありそうです・・
GM/画家メネ
 「近づきすぎると実が飛んでくるんでの。色々構図には気を使うモチーフじゃ」
クロイツ
 「そうだった。木自体も動くんだったな・・・・w」
GM/画家メネ
 「じゃからこそ燃える! これぞ芸術!」
エルベール
 そしてスケッチブックも燃えるのであった・・・
GM
 画材燃えたらダメ――――!
マオ
 まあ、行ってみるしかないでしょうか…?
シャナ
 「うん、みんなで行ってみよう」
クロイツ
 張り付いて護衛しかないか。臭いけどw
 「了解だー」
シャナ
 「マフラーとか、買っておけばよかったなぁ・・顔はんぶん覆うのに・・」
エルベール
 「私つけひげもってるよ、これでふさぐ?」
クロイツ
 「そんなものなくても、人は生きていける・・・」
シャナ
 「なんでこんなの、持ってるの??(笑)」>エルさん
クロイツ
 「髯。。。。orz」
 「男の魅力は髯じゃない。そう、髯じゃないんだ・・・・」
GM
 では移動ですが
エルベール
 が?
GM
 その前にエルベールが探索してた10分ほどに待機組で何かしておいたこととかあります?
クロイツ
 周辺警戒くらいだなぁ。
GM
 なければそのまま進みますが。
シャナ
 私は、エルベールさんが行った方向に、耳をそばだてていましたー
エルベール
 【サイレントムーブ】してるのにw
マオ
 特にないですね。周囲の警戒してました。
GM
 了解でっす

7.黄の木の危機/「え、えっ?岩?岩なんてありました…?」(きょろきょろ)  

      
GM
 では、洞窟の行き止まり広場です
 メネも
GM/画家メネ
 「おおおお・・・!見事な黄色じゃああ!」と興奮気味ですね
クロイツ
 「ほー。綺麗だな結構。・・・・クサイケド(゜Д゜)」
シャナ
 「紅葉、綺麗だねー・・・」(ほぉ、って見てる)
マオ
 「ばぁ、ぶごい…びおいば強烈ですべぼ、とってもきれいべぶ…。」(鼻声
クロイツ
 「鼻つまんだままでも神聖魔法って使えるのかw」
GM/画家メネ
 「さてさて、どう描いてくれようかのう」 鼻栓きゅきゅ
クロイツ
 「そんな物もってやがったのか!w」
GM/画家メネ
 「臭いのわかってるんだから当たり前じゃろう!」
シャナ
 何だか私、京都に行かなくちゃ行けない気がしてきた・・(笑
GM
 そっちはPLじゃな・・・w>シャナ
エルベール
 「・・・・考えてみれば夏場の牛小屋より大丈夫かも」
シャナ
 「確かに、馬小屋の、あの掃除よりはましかも・・ね」>エルさん
クロイツ
 「まぁそう言われれば、畑に肥料まくよりは、大丈夫かぁ・・・」
エルベール
 隠れそうな場所チェックよろしくー
GM
 隠れられそうな場所チェックするなら 【探索判定】で10以上ですね
マオ
 いきます!
シャナ
 では、調査開始~
クロイツ
 じゃ、オレも探してみようか
 この探索の結果、クロイツが6ゾロで自動成功!
クロイツ
 あ
マオ
 !?
GM
 おおおう!?
シャナ
 クロイツさん6ぞろ^^
クロイツ
 6ゾロとかこんなとこで出すな・・・w
エルベール
 1ゾロだったり6ゾロだったり、極端な人だなぁw
クロイツ
 フ・・・ファッサ~(*´Д`*)マカセロ
エルベール
 きっと戦闘では平均値マンに違いない
クロイツ
 ((((;゜Д゜)))
GM
 では隠れるのにちょうどいい大岩の影を見つけました。
 メネさんも満足できそうだw 6ゾロだし
クロイツ
 「おい、あの辺なんかいいんじゃね?」
エルベール
 「なんでそんな大岩、クロイツさん以外見落としたんだろう・・・・」
シャナ
 「ちょうどクロイツさんが隠れるサイズだったからかな・・?(笑
クロイツ
 「┐(´ー`)┌HAHAHA 幼女じゃぁ、身長がたりなかったんだな」
エルベール
 自信なくして隅っこで体育座りでもしてます
GM
 大岩は目に入ってたけど、隠れる隙間が見つからなかったんじゃないかな
マオ
 「あ、銀杏の実…食べられるんでしょうか…?え、えっ?岩?岩なんてありました…?」(きょろきょろ)
 「そ、そうですよ!私も身長が足りなかったんですよ!」
クロイツ
 >マオ「(´∀`)・・・ま、まぁそうかもな」
 おそるべき6ゾロの理不尽さよ・・・(‾ー‾)
GM/画家メネ
 「ほほう やるのう若いの!」
シャナ
 「マオさん、そのまま食べないほうがいいですよ?」
マオ
 「そ、そうですか…。」(持って帰ってみようかな…?)>シャナさん
シャナ
 「宿に持って帰れば、食べられるように料理するよ?」>マオさん
マオ
 (いくつか持って帰ろう…!)心に決めました
クロイツ
 「シャナ、あの木、確か動いて実を投げつけてくるって話してたぞ店主(;´ρ`)」
 「簡単には採れないんじゃないか・・・w」
シャナ
 「あ・・そっか、あんまり近づかないほうが、いいね・・」>クロイツさん
エルベール
 地面に の の字でも書いてます・・・・
 まぁ落ち込むのはこれくらいにして、お仕事お仕事。周囲警戒しますねー
クロイツ
 同じく!
GM
 らじゃ。そうですね・・・・
 探索2回で20分、移動で10分くらいもしてるし、そろそろ16時かな?
 では隠れてるのはスケッチしてるメネと、だれかな?
シャナ
 私は、来た洞窟の方でも警戒しておきます
エルベール
 みんなで隠れて警戒します?
クロイツ
 そろそろ翳ってくるな陽が
エルベール
 そしたら何か来ても不意うてるかもですし
クロイツ
 ギュウギュウ
シャナ
 隠れたほうがいいかな?
マオ
 みんなで隠れることができるんですか?
クロイツ
 5人も身を隠しながらww
エルベール
 大岩だし、大丈夫かなーとおもった
GM
 できることにしましょう。隠れるかどうかはお任せします。
 満場一致で岩陰に隠れる5人。 そりゃあそうだよね!
 画家のメネはせっせと絵をかき始めます。
シャナ
 そういえば、絵は、クロッキー帳とかなんでしょうか、キャンパスなんでしょうか・・
クロイツ
 多分キャンパス系じゃないかな。クロッキー帳は技術的に存在しなさそうだ
GM
 キャンパス&水彩画!(今決めた)<シャナ
シャナ
 じゃあ、けっこう大掛かりですね・・(笑)>gmさん
エルベール
 なんか油絵なイメージだった
クロイツ
 製紙技術は貴重そうだしな
 なんて雑談をかわしながら、ドレイクを待ちます。
GM
 では16時ころ。 夕焼けが天井から差し込みはじめ・・・・
 洞窟の中が赤く染まるころ、入り口に通じる穴からやってくるものがあります
 
 やってきたのは、骨でできたゴーレム。
 そして、その後ろにはドレイクの姿。
シャナ
 わ・・きたきた・・
GM
 ドレイクは「こんなところにあったか! ゆけい、ボーンアニマル!」
 と命令すると、ゴーレムは木に向かってのそのそと近づいていきます
クロイツ
 入り口から来たか・・・w
シャナ
 ゴーレムちゃんが、飛べないからじゃないかな?(笑
クロイツ
 絵の完成具合は?
GM
 まだ1時間もたってないしね。 完成に2時間はかかる<絵
マオ
 「このままじゃ倒されそうですね…!」(ぼそぼそ)
クロイツ
 仕方ないな。これはやるしかないかw
エルベール
 ボーンアニマルは素手です?
GM
 素手ですね。 4つ足の 犬の 骨でできたゴーレムです
シャナ
 わんこごーれむ・・
クロイツ
 放置しておくと、やっぱ木を折ろうとするんだよなw
GM
 でしょうね>クロイツ
マオ
 行くしかないですね・・!
GM
 さて、警戒してた皆さん
 まずはゴーレムの【魔物知識判定】 いってみましょっか。
 知名度は12/弱点値は15です
 ところがこの判定は全員失敗。 マオもドレイクが竜化した時に備えて【ラック】は温存します。
GM
 おーらい。では何か犬の骨のゴーレムってことでw
 次にドレイクも【魔物知識判定】しときましょうか
 こっちは知名度/弱点値:10/17 です
 そしてこっちも出目がさらに腐った一行。 ドレイクの知名度10にすら届きません・・・・(´;ω;`)
シャナ
 ま、まあ、しかたないです^^
エルベール
 弱点なんかナカッタ
GM
 まあ、知名度は事前に一応抜いてるし
クロイツ
 ん?たしか登る時、画家の爺さんの情報でもう、成功してたような。弱点抜きかい?
GM
 厳密には見識だったけど、まあいいっす。
 さて、では先ほど皆さんが話していた不意打ちの件ですが・・・・
マオ
 「ひぃいぃいい!!い、犬です犬です犬ですぅうう!もうだめです、だめです、もう何もわかりません私には何もわかりませんなにも…!」
クロイツ
 「ちょwww 叫ぶなょ!w(小声)」マオの口をふさぎますぞw
シャナ
 マオさんっ、お、おちついて・・」
エルベール
 不意打ち終了のお知らせ
一同
 wwww
シャナ
 戦闘かいし?(笑
マオ
 あっ、ちょ・・!小声って入れ忘れたんです!
GM
 まあ、不意打ちするにしても射撃方法ほぼないですしねw
クロイツ
 そういや、犬ダメな娘だったの忘れてたw
 魔法以外ないな・・・・w
エルベール
 イニシアティブのときにサービスで+4とかないかなーと期待したり?
GM
 ないですw
クロイツ
 すごい期待だなw
GM
 ただ、
 ボーンアニマルだけ先行した状態にはなりますね。ほんとならワンセットのつもりだった
 で、突然現れた人族見て ドレイクは目をぱちぱちしてる
シャナ
 なるほど、ドレちゃんはまだ離れてるんですね
エルベール
 あっさり見つかった
クロイツ
 げ、見つかってたw
GM/ドレイク
 
 「なんだなんだ? 突然お前たちは?」
クロイツ

 「こ、コンニチハ(´∇`)」
 何語?w
GM/ドレイク
 交易共通語。
クロイツ
 ほ。オレでも判る!安心!
 シンセツなドレイクだな・・・w
エルベール
 
 心折なドレイクになるかもしれませんよ・・・
 「芸術家でーす、邪魔しないのでほっといてくださーい」
GM/ドレイク
 「ふん、ならば貴様らも俺様の邪魔はするな。この木は蛮族の天敵でな、切り倒す!」
クロイツ
 www巧いな・・・w
エルベール
 あー心折な返答だわー・・・
シャナ
 
 「名前は・・名乗れませんっ」
GM/ドレイク
 「そうだろうとも。俺様も食材にいちいち名乗る名はない」>シャナ
クロイツ
 食材言われた!w
マオ
 「あ、あのっ、あのあのあのぅ・・・い、いい、あと、一時間くらい、ま、まってくださいぃ・・・!s、それと、その犬、ひっこめてください・・!
クロイツ
 「まぁ、待つが良い、蛮族よ、ほんの2時間ほど待てば、切り倒す事を見逃してやろう」
GM/ドレイク
 「2時間も待てと?なぜ俺様が貴様らごときに指図されねばならぬ・・・?」
シャナ
 「お話しの中でも、ドレイクは敵・・・こいつを倒さないと、お話し進まないんだからっ」
GM/ドレイク
 「くはは!その娘は十分やる気のようだな」
クロイツ
 「君、意外に好戦的だね・・・(゜▽゜;)」
エルベール
 「シャナさん、それ最後にこのお話はフィクションです、って書いてなかった・・・?」
シャナ
 「ごめん・・そのくらい思わないと、こわくて・・」
クロイツ
 「この娘はちょっとだけ、特殊なだけだ! そんな訳で2時間!ほんの2時間でいいのだが。待ってもらえないか・・・?(‾ー‾)」
マオ
 「そ、そうです、あとちょっとだけ、ちょっとだけでいいんです…!」
エルベール
 「2時間待てば1d6+1も魔晶石がざっくざくとれる秘密の場所をおしえてあげますよー」
シャナ
 「戦う勇気、出してるんですっ(小声!」
クロイツ
 「く、そこをなんとか・・・あ、そうだ、ほら、そこで拾った綺麗な石を一個渡してしんぜよう?」
GM/ドレイク
 「おびえきったエルフも 筋肉質の人間も 久しく食っておらんしな!ならばその腕の1本でも置いていけい!」
クロイツ
 「ダメカー」
エルベール
 「あ、私食材免除された、らっきー」
GM/ドレイク
 「問答無用! ゆくぞ!」
シャナ
 はう・・みんな冷静だなぁ・・(笑
クロイツ
 「問答無用か・・・ならば仕方ない!(ヤケクソ) オレのレジェンドの最初の1ページになるがいい!」
 (*´Д`*)ファッサ~
シャナ
 クロイツさんも、人のこと、言えませんよね?(笑
マオ
 「や、やるしかないんですかぁ・・?やるしか、やるしかぁ…!!い、犬と、戦うしか…!?」
クロイツ
 「犬より後ろの角つきの方が問題だから!w」
GM
 では、【先制判定】です。 こっちの先制値は16
エルベール
 うん、それ絶対無理・・・
 だからやりたくなかったんだよねぇ・・・
クロイツ
 早いな。とゆうか、不可能だなw
エルベール
 だからボーナスほしいっていったんだよねぇ・・・
GM
 一応、マオかエルベールが6ゾロったら届くんだけどね
エルベール
 (ころころ・・・) 6ゾロで16! いったw
クロイツ
 おおおおおw
シャナ
 あ
マオ
 !?
クロイツ
 言霊!!
GM
 wwwww
シャナ
 すっごーい
クロイツ
 よくやった!スゴイゾ幼女!!!w
シャナ
 やったーー^^
エルベール
 とても満足しているので
 もう勝ったでいいですか?
マオ
 ええっ、う、うれしい半面、わたしの存在意義が…!
クロイツ
 >マオ どんまい!!(゜Д゜)
マオ
 い、いえ、先制をとったことは喜ばしい!ありがとうございます、エルベールさん…!
エルベール
 指輪ありますから
GM
 おーらい
クロイツ
 このGM,このレベルの相手で先手を取る気まんまんだったぞw
エルベール
 鬼畜ですねー
GM
 褒め言葉と受けておきますw
クロイツ
 自分を上回るキチクぶりを初めてみたw
 まあ、先制をとったほうが有利とは限らないんですけどね。 ともあれこの出目で一気に沸くPC達。戦闘開始です!

8.戦闘開始/「犬は嫌です・・!」  

★第1ラウンド 先攻―PC

      
GM
 では、1R表、そちら!
シャナ
 順番は、敏捷順ですか?
GM
 いえ、PC内なら自由に決めてもらってオッケイです
シャナ
 じゃあ、魔法が先かな・・?
GM
 かけるならその方がいいかもですね
マオ
 でしょうね。わたしのでばん!
クロイツ
 Fプロはほしいしね
シャナ
 がんばってー
クロイツ
 頼むw
GM
 ダイスはどんどん振ってくれていいですよー
マオ
 【フィールドプロテクション】、もちろん対象は全員。
シャナ
 魔法ありがとーございますー
 えっと・・・効果は、防御+1、でしたっけ・・?
クロイツ
 厳密には、被ダメージ-1、だね
 毒、病気、呪い属性以外の魔法ダメージにも効果ありだな
 Fプロありがとう! 
マオ
 頑張ってください、前衛さん!
クロイツ
 じゃ、先陣を切るぜ
シャナ
 いきましょー
クロイツ
 補助動作で【ビートルスキン】発動!
 で、《全力攻撃》宣言してー
 1Hで剣を構えて、ボーン犬をぶった切りにいく。
シャナ
 がんばってー
クロイツ
 命中は7か・・・上げる能力ほしいなw
GM
 はいお。こっちの回避は固定値で12です
クロイツ
 いくぜ!(ころころ・・・出目は1と2) 10・・・
GM
 よけたぜ!
クロイツ
 あわわw これは・・・
 イヤマテw 変転w
GM
 おっと!?
シャナ
 もう?
クロイツ
 ここで当てられないのは痛いw
シャナ
 そ、そっか
クロイツ
 んむ。まっても切り時こないときもあるしな。思い切るぜ!
GM/ボーンアニマル
 了解。では18で命中ですね。
 「・・・・!!!」
クロイツ
 では、威力と・・・(ころころ) 17点ダメージ! よし、まずまずw
マオ
 「く、クロイツさんっ、頑張ってください・・・・!犬は嫌です・・!」
GM/ボーンアニマル
 「!!」 体が半分ほど持っていかれた!
クロイツ
 「しゃぁーおらぁ!」
 ってこいつ、「骨の身体」あったかな・・・w
GM
 あるのよw 剣はクリティカルしませんぜご注意!
クロイツ
 んむ。今回はクリしてないw
 ディフェンダーも剣だからクリティカルしないな; やっかいな!
シャナ
 なるほど・・「続きますっ!」
 では、まず【ガゼルフット】と【キャッツアイ】、発動
 攻撃、します (ころころ) 
GM
 17か、命中です!
マオ
 さすが!
クロイツ
 ないす安定
シャナ
 えっと、威力
 どう入力するんでしたっけ・・
GM
 威力17なら「k17+6」ですね 最後に@13を付けるとクリティカルしません
マオ
 こんな感じで。k(威力)+固定値@クリティカル値です!
シャナ
 わかりました、ありがとうございます
クロイツ
 オレもプレイヤー久しぶりで忘れてるwかなりw
シャナ
 (ころころ)11点ー
GM
 ううむ、だいぶやられたな・・・足がもう2本しか残ってない感じだ
マオ
 「す、すごいです、二人とも…!」
クロイツ
 よしよし、あと何点のこってるかな・・・
シャナ
 足二本だけ、なら、転んで欲しい・・ほねわんこ・・・
エルベール
 【サモンフェアリーⅡ】でエコーを呼びます(ころころ)大丈夫大丈夫
 では【ウィンドカッター】をボーンアニマルとドレイクに
GM
 ん、《鷹の目》あったかな?
エルPL/エコー
 ないわー
GM
 なのでボーンアニマルだけですね
エルPL/エコー
 ぼーんに【ウインドカッター】(ころころ) 16!
GM
 抵抗失敗。精神抵抗13でした
エルPL/エコー
 とんでけー (ころころ) ダメージ、11点です。
クロイツ
 これは、切り裂いたんじゃないか?
GM/ボーンアニマル
 「-------!!!」
GM
 わずかに残った!!
クロイツ
 なに・・・!
マオ
 ぎりぎり残りましたか・・。
シャナ
 まだ・・でしたか・・><
GM
 足一本でふらふらですがね
シャナ
 それ、転んでてほしいーー
クロイツ
 ww
GM/ボーンアニマル
 (ぜつみょうのバランスッ!)

★第1ラウンド 後攻―GM

GM
 では1R裏、こちら!
 まずはボーンアニマルが攻撃
クロイツ
 おう!こっちこい!全部はじいてやるぜ
GM
 (ころころ)狙うはクロイツ! 
マオ
 よし!
クロイツ
 しゃーこいやー!
シャナ
 クロイツさん、ありがとー
GM/ボーンアニマル
 こっちの命中は13!
クロイツ
 防護10+被ダメージー1だぜ
 回避なにそれ美味しいの?w
エルPL/エコー
 ファンブルあるからきをつけてねー
 もはや本体はエコーになってしまい、エルベールは消えてしまったのでありました まる
クロイツ
 回避(ころころ)
 うわお、おしいw
GM
 ダメ行きまーす (ころころ) 物理ダメージ12点!
クロイツ
 ちくっときた。1点
シャナ
 いってん??
マオ
 おお、案外いいところまで…。
GM/ボーンアニマル
 「(一矢は報いた・・・・!)」
クロイツ
 「フ・・・お前は蚊か?(*´Д`*)ファッサ~」
GM
 そしてドレイクが移動してきます!
クロイツ
 きたか・・・!
シャナ
 来た・・
GM/ドレイク
 「よかろう、そんな死にぞこないよりも俺様が相手してやろうではないか」
 クロイツに《魔力撃》!
クロイツ
 「へ!やってみなぁ!」
マオ
 「気を付けてください、お二人とも!」
GM/ドレイク
 (ころころ・・・6ゾロ!)
GM
 くそう、ダメージで出ろw
クロイツ
 うおw
シャナ
 うわー
エルベール
 「クロイツさん、いい人だったなぁ・・・」
クロイツ
 2d+4で回避だが・・・(ころころ・・・6ゾロ!)
 おw
マオ
 !!
シャナ
 クロイツさん、すごいっ!
クロイツ
 完全!回避!w
エルベール
 「あ、回避してる」
クロイツ
 「む・・・! 甘いぜ!」
GM/ドレイク
 「ほう・・・!これをかわすか。仕留めたと思ったのだがな」
エルベール
 「そんなバケツかぶってるからあたらないんですよーだ」
マオ
 「と、とんでもない動きですっ!本当に、伝説の英雄のよう…。」
シャナ
 やばい、尊敬しちゃいそうです・・・(笑
 光って見えるーー
クロイツ
 「覚えておきな!オレの名はクロイツ!いずれルキスラにその人あえりと、その名をとどろかせる男だ!(*´Д`*)ファッサ~」
エルベール
 「噛んだからアウトー」
シャナ
 「あえり^^」
クロイツ
 「長い台詞は苦手なんだょ(゜皿゜)」
 「と、とにかく、お前さんがそれを見ることはないぜ」
GM
 こっち終わり!2R表、そちら!

★第2ラウンド 先攻―PC

      
クロイツ
 さて、じゃあ殴るしかない俺からいくか
エルベール
 まってー。【ウインドカッター】を2倍でかけるんで
 わんこ残ったら攻撃してもらえます?
シャナ
 それでわんこ、落ちそうですね
クロイツ
 OK。そんときは《薙ぎ払いI》いくぜw
エルPL/エコー
 ではではー
 「ウィンドカッター!」(ころころ・・・・1ゾロ!)
 残しておいたよー
シャナ
 はう・・
クロイツ
 おいwww
GM/ボーンアニマル
 「(おお、神よ・・・・!)」
エルPL/エコー
 これ妖精さんの変転できましたっけ?
 本人じゃないんですけど
GM
 んー・・・・GM裁量ではあるんですが、
 騎獣・ゴーレム・召喚妖精と、色々同時に変転使えてもおかしいと思うのでなしで。
クロイツ
 本人は、召喚中は魔法使えないんだっけな
エルPL/エコー
 ですです
 しかも50点も入らないっぽい?w
GM
 エコーに50点が入りますw
 一方、術者本人はというと・・・
エルベール

 「メネさん、ここの描写甘いと思うの」
シャナ
 あっち見てる(笑
GM/画家メネ

 「よそ見しとるから魔法失敗しとるぞお前さんの妖精」
シャナ
 この状況でも、描いてるんだ・・メネさん・・(笑
エルベール
 「困った子だよねー」
クロイツ
 「おいいいい!こっち集中してええぇぇぇ!Σ(゜Д゜)(本音」
マオ
 「い、犬、犬…!犬が生き残って…!エルベールさんっ!うぇぇえええ!!」
シャナ
 マオさんも、落ち着いてぇー
エルベール
 「がんばれー」
 何という大惨事。
GM
 まあ、経験点50点はサービスしときますw エルベールにね。
クロイツ
 えーいくそ、じゃあ《薙ぎ払い》いくか
 ダメージ減るが、多分落とせるだろう・・・
シャナ
 「が、がんばって!クロイツさんっ」
クロイツ
 じゃ、盾をホルダーにしまって、2hにして、《薙ぎ払い Ⅰ》!
 「うらー!」
 ところが出目が腐って命中の達成値は12。 ボーンアニマル、ドレイクともに同値回避でした。
クロイツ
 スカッ・・・
 「この剣を避けるとは・・・キサマもただものじゃないな・・・!(*´Д`*)ファッサ~」
シャナ
 では、私。マオさんの冷静を戻すために、わんこを倒しますっ
 えーい(ころころ)14。 よしっ
クロイツ
 砕けろ犬コロ!
シャナ
 (ころころ)また、ダメージは11点ー
クロイツ
 ナイス安定
GM
 ボーンアニマルの防護点は5 残りHPは3点
 よって・・・・
GM/ボーンアニマル
 がらがらがら・・・・と崩れ去りました!
シャナ
 やった~
マオ
 撃破!
エルベール
 こうして 世界に平和が訪れました
 ----------------------------------------FIN---------------------------------------------
クロイツ
 気持ちは判るがw
シャナ
 私達、勝ったのね・・(うるるん)
マオ
 「やったぁあああああぁああっ!やりましたぁああっ!」
エルベール
 エンディングですねー
GM
 終わんなwwwwww
GM/ドレイク
 「ふむ、大喜びとは底が知れる」
クロイツ
 「前祝いってやつだぜ!(゜Д゜)ノ」
GM
 ではマオは?
マオ
 【フィールドレジスト】も視野に入れていたんですが、【スパーク】のためだけに魔力を消費するのも…。ここは待機で。
GM
 らじゃです

★第2ラウンド 後攻―GM

GM
 では2R裏、こちら
GM/ドレイク
 盾を捨てて防護点下がったクロイツが狙い目! 同じく《魔力撃》!
 (ころころ)命中して、ダメージは19!
クロイツ
 いってー10点くらったw
GM/ドレイク
 「ふん、タイミングを間違えたかな・・・?」
クロイツ
 残りHP、19
 まだいけるはず!
シャナ
 痛そう・・><
 続く第3ラウンドの表、PC側はエコーの【ウィンドカッター】、シャナのディフェンダーが命中するも、いずれもダメージはちみっと。
 マオの【キュア・ウーンズ】でクロイツが完全回復したのがせめてもの幸いと言えましょう。
GM/ドレイク
 「ふん、かすり傷よ」
マオ
 (召喚時間終わって消えたエコーに向かって)「ありがとうございました、エコーさん!」
 みんなの出目が低いですね…。
クロイツ
 なんでさっきから5しかでねえw
GM
 固定値は一緒なんだけどねw
クロイツ
 そしてやつの回避も結構低いw
エルPL/エコー
 低レベルvs低レベル
クロイツ
 去れエコーwww
エルPL/エコー
 全ての事象は繰り返されるのよ~
クロイツ
 去れエコー!wwww

★第3ラウンド 後攻―GM

GM
 おーらい。では3R裏、こちら!
GM/ドレイク
 「小娘が・・・ならばお前から屠ってやろう!」
 シャナに《魔力撃》!
シャナ
 わーん、いま練技、切れたところなのにー
クロイツ
 まだ切れてないぞw
マオ
 このラウンド終了まで有効です!
シャナ
 あ、そうなの?
 よかったー。 じゃあ、避けますよー(ころころ・・・6ゾロ!)
GM/ドレイク
 「なん。。。だと。。。。!?」
シャナ
 「当たらないっ!」
エルベール
 敗因・バケツ
クロイツ
 今夜のダイスの女神は、波乱をご所望だ
 「いい動きだ!」
マオ
 「すす、すごい…!シャナさんも、英雄のような…!え、ええっ!?」
GM
 見事にかいくぐりましたね 次はクリティカル値が1下がります。
シャナ
 (震えてるかも><)
クロイツ
 いける!w

★第4ラウンド 先攻―PC

      
GM
 では4R表、そちら!
クロイツ
 「よっしゃ、オレらそろってレジェンド街道まっしぐらだぜw」
シャナ
 「りょーかいですっ!」
クロイツ
 【ビートルスキン】使い直し
 《全力攻撃 Ⅰ》でドレイクを叩き斬るぜ!
 「これで落ちろ!」
 あたるぜ!(ころころ・・・出目が1と2)
 ってー 避けられた! 逆方向に爆発してる!w
マオ
 3の呪いが・・。
エルPL/エコー

 事象は繰り返されるのよ~
GM
 またもやエコーの声がw
クロイツ
 妖精界へ帰れエコーw
シャナ
 エコーさん、居残りすぎ~(笑
クロイツ
 笑いすぎて腹痛いぜーw
 さ、もう3はでねえ!シャナ、回しまくるがいい!
シャナ
 【ガゼルフット】+【キャッツアイ】 いれなおします
マオ
 行ってください、シャナさん!
エルベール
 ふぁいとー
シャナ
  みんな、ありがとー。そして攻撃っ(ころころ)
GM
 (ころころ)だが無情にもドレイクは同値回避。
 そしてかいくぐりによって下がったC値ももどります
シャナ
 ざんねん・・><
クロイツ
 くそ、やるなさすがにドレイクは・・・w
 「レディの攻撃を避けるなんて、無粋な奴だな!」
 「そこはあえて受ける所だろうが!(゜Д゜)」
シャナ
 「れ、レディー?」
GM/ドレイク
 「貴様はいちいち、肉や野菜の性別を気にするのか?」
クロイツ
 「新鮮な野菜なめんなよ!(゜Д゜)」
シャナ
 ドレイクからしたら、私、ご飯なのー?(涙
GM
 ご飯ですよw 蛮族は人族を食べますw
マオ
 「蛮族は、そういうものです…。」>シャナさん
エルベール
 下手に刺激して竜化させないためにも、このラウンドは見送りますね
クロイツ
 たしかに。竜になったら手がつけられねーかもしれんw
 そして4ラウンド裏、ドレイクの《魔力撃》が再びクロイツの胸板に突き刺さります。 これによりクロイツのHPは半減。
クロイツ
 「ぐは!・・・や、やるじゃねえか・・・(;´ρ`)」
シャナ
 「大丈夫・・?」>クロイツさん
クロイツ
 「は! この程度、なにほどもないぜぇ!(口から血がでまくり)」
エルベール
 出目によっては私もヒールしますので、マオさんお先に回復してあげてください
マオ
 では、先に。
 【キュア・ウーンズ】!
 行使!(ころころ・・・出目が1と2) セーフ!
GM
 またもや3の呪い・・・w
クロイツ
 こわっwwww
シャナ
 うわ・・びっくりしたー
エルPL/エコー
 全ての事象は繰り返されるのよ~
シャナ
 さっきも3でしたっけ・・?(笑
クロイツ
 エコーの呪いか!?エコーがこだましてるのか「3」をwwwwwwwwww
エルベール
 失敗じゃないだけいいじゃないですかw
クロイツ
 やばいw変なテンションになってきたw
GM
 では前衛組、どうぞー!
シャナ
 がんばろー
クロイツ
 今度こそ・・・やることは同じ!
 《全力攻撃Ⅰ》、1Hでいくぞー!(ころころ・・・1ゾロ!)
マオ
 おうう!?
クロイツ
 ・・・・Σ(゜Д゜)  ナニゴト・・・?w
シャナ
 50てん・・
GM/ドレイク
 「は。何だそれは?(嘲笑)」
クロイツ
 やべえw 変転はここにとっておくべきだったかw 読み間違いw
エルPL/エコー
 「は。何だそれは?(嘲笑)」
マオ
 エコーさんにパンチしますねw
シャナ
 続いて私。
 笑ってる場合じゃなくしてやるー(ころころ)避けられた わーん
エルベール
 うーん・・・だめもとで【ホラー】でもしてみます?
シャナ
 ごめんね、攻撃当たらないのー
クロイツ
 ダイスがとんでもない事になってるしなw
エルベール
 「えーい闇の妖精さんやっちゃってー」
 (ころころ)達成値10 コレハヒドイ
GM/ドレイク
 (ころころ)それは抵抗しますね。
エルベール
 変転しても無理なので諦めさん
クロイツ
 ジャストで抵抗されるな。指輪でもないとw
エルベール
 あるよ? あー、指輪割っちゃえばいけるのか
 じゃあ変転して割っちゃいます
GM
 おおー!
シャナ
 その魔法、どういう効果ですか
クロイツ
 神聖魔法の【バニッシュ】とほぼ同じ効果
GM
 相手に恐怖心を宿らせる魔法です>シャナ
 恐怖を感じた相手がどうなるかは、ダイスでランダム。
マオ
 抵抗を通すと、さらにダイスを振ります。出目で効果が変わります。>シャナさん
シャナ
 なるほど、怖がらせるんですね^^
エルベール
 「ちいさいころ 土蔵に閉じ込められたことおもいだしちゃえー」(ころころ・・・出目は6!) 
クロイツ
 おお、悪くないなこれ
エルベール
 命中と回避にマイナス1です
マオ
 これなら…!
クロイツ
 「む、様子が変わったぞ」
エルベール
 ・・・・これって竜化で解除されるんでしたっけ?
GM
 です
エルベール
 わーい・・・
クロイツ
 そうだな・・・w

9.撤退/「きっと、ぎんなんで、茶碗蒸し食べたかったんだよ」  

GM
 では5R裏の前に
 メネがエルベールの袖をつかんで
GM/画家メネ
 「嬢ちゃん嬢ちゃん」
エルベール
 「なぁにぃ?」
GM/画家メネ
 「見たところ、あのドレイクはやや平静を欠いた様じゃの」
エルベール
 「そうだね、ちょっとおしっこちびっちゃったねー」
GM/画家メネ
 「そして、こっちの絵じゃが、ラフスケッチはできた。いっそ撤退するのも手かも知れん」
GM
 と提案してきます
シャナ
 逃がしてくれるのかなー・・
GM
 メタ発言になりますが、一応終了予定を2時としていたのと(現在1時45分)
 戦況の膠着具合から見て、後1時間は余裕でかかりそうなので
クロイツ
 たしかにw
GM
 1.依頼は失敗扱いにはなりますが、撤退
 2.別日に改めてこの続き
 3.このまま続行
 
 GMとしては この3つから選んでもらおうかな、と思っております。 他に提案があれば
 敵味方入り混じっての泥仕合の様相を呈してきた現状。 戦って倒せないことはないかもしれませんが、確実に時間はかかります。
 GMも募集時に「基本的に延長はしない」と言っている以上、このまま進めるのはあまりよろしくありません。PLさんの予定や都合もありますしね。
 「時間延長や別日でもやりたい」という声もありましたが、予定の調整等がちょっと厳しいPLさんもおられたので、さてどうするかとGMが考えていたところ・・・
クロイツ
 これは、あれだぜ
 退くのもひとつの冒険だ
シャナ
 うんっ
 撤退を選択して
 残りで、会話を楽しむとかでもいいですね
 という声がPLさんから。ありがたやーーーー(五体投地)。
GM
 撤退するというならドレイクは追いません 優先順位は木の方が高いので。
クロイツ
 本気でいまいましく思ってるんだな、この木ww
GM
 おーけい。では
 【ホラー】で目の前が暗くなったドレイクの隙をついて
 みなさんは全速力でかけ抜けました!
シャナ
 1,2ーの・・さんっ!だっしゅ
マオ
 「蛮族さん、聞いてください!私たちは去ります、これ以上の流血を望みません!木を切り倒すのはお任せします、あなたもこれ以上長引く間に、わたし達を追わないでください!」
GM/ドレイク
 「ぬ?」
 「ふん・・・人族ごときが邪魔をしおって」
クロイツ
 「くっそー!口惜しいぜ・・・しかし、勝てない相手を認める事も生き残るためには必要な事だ・・・」
シャナ
 「きっと、ぎんなんで、茶碗蒸し食べたかったんだよ、あのドレイク・・」
エルベール
 「今度はいいバケツになるんだよー」
GM/ドレイク
 「我らバルバロスの恐怖におびえて過ごすことだな!はーっはっはは!」
シャナ
 とか言いながら、ぎんなんを拾うドレイクでした
クロイツ
 「今回は、負けておいてやるぜ!いつか、再びまみえる時がお前の最後だー!(゜Д゜)オレの顔と名前を忘れるなよ~~」とか叫びつつ
エルベール
 お前が言う、状態w
クロイツ
 殿で逃げていくクロイツw
エルベール
 「【ホラー】で恐怖にかられたくせにー」
クロイツ
 そこはたしかにw
シャナ
 「うー、任務、失敗しちゃったねー」
エルベール
 捨て台詞豊富すぎ問題
マオ
 「くっ…!い、犬以外なんて、怖くないんですけど…!
GM
 と、遠くなるドレイクの声を聞きつつ去りました。
      
クロイツ
 「ぜぇぜぇ・・・・くっそードレイクっていうのがあそこまで強いとは知らなかったぜ・・・・」
シャナ
 「大丈夫、わんこは、倒したから、ね?」(笑
クロイツ
 「生きていれば、挽回のチャンスはあるってもんだ(゜Д゜)q」
シャナ
 「強かったねぇ・・」
クロイツ
 「もっと腕を上げねば・・・あ!」
 「ちくせう!奴の名を聞くのを忘れたぜ・・・・orz」
 「バケツ兜だったから顔もおぼえてねえ・・・orz」
シャナ
 「そうだ、画家さんに失敗しちゃったお詫び言わないと・・」
GM/画家メネ
 「失敗は成功の母。そうして積み上げていくのもまた芸術じゃ」
 しっかりと黒炭スケッチはしています
エルベール
 「ラフはできたんだよね? なんとかなる?」
シャナ
 デッサンできたから、満足?(笑
GM/画家メネ
 「まあ、の。じゃが契約は契約じゃ 報酬は半分に減額させてもらうぞい」
マオ
 「ごめんなさい、画家さん…。うう、そうですよね。」
シャナ
 「ぇ?半分ももらえるんだー」
クロイツ
 「仕方ないぜ。と、それより、はやくここを降りよう。奴の気がかわらないうちにな!」
 「今は戦っても、勝てる気がしねえ・・・悔しいが(゜Д゜)」
シャナ
 「そうだね、早く街に戻ろう」
GM/画家メネ
 「そうじゃの」
エルベール
 「うん、私たちの気が変わらないうちに降りよう」
クロイツ
 「どうゆうことだってばよw」
GM
 では暗くなる前に山をおりたみなさん
シャナ
 そうだ、暗くなっちゃうよ、早くしないと(汗
クロイツ
 だな・・・・松明はあるがw
エルベール
 ×暗くなる前に ○臭くなる前に
クロイツ
 >エル そっちはもう手遅れな気もしないではないがw
シャナ
 匂い、しみこまないうちに、お風呂行こう・・><
エルベール
 「そうだねー、嫌なことはお風呂入ってわすれよー」
GM
 そのまま十分な休憩をとることもなく歩き続け、店に戻ったのは翌日の明け方でした。
クロイツ
 敗走だからな。しかたあるまい(;´ρ`)
エルベール
 完全な敗残兵状態ですねーw

10.エンディング/「でも、全ての事象は繰り返されるのよ~」  

      
GM
 戻ってきた皆さんを見て、店主はねぎらいの言葉をかけてくれます
クロイツ
 「冒険者の世界の厳しさを知ったぜw」
シャナ
 「なんだか、疲れましたー」
GM/店主フォリッジ

 「ずいぶん手ひどくやられた様じゃの」
クロイツ

 「いや。手ひどくやられる前に、撤退したw」
マオ
 「店主さん、ごめんなさい、店の名前に泥を・・。」
GM/店主フォリッジ
 「かまわんよ。お前さん達が一人も欠けることなく戻って来れたことこそ、僥倖よ」
エルベール

 「ごめんなさーい」ああ懐かしい取締役顔
シャナ

 「マオさん、相手ドレイクだもん、仕方ないよー」
クロイツ
 「ドレイクとかいうのが出たぜ・・・・強いなあれはー」
GM/店主フォリッジ
 「ドレイクか・・・あれは中々手ごわいの」
シャナ
 「でも、クロイツさんも強かった!・・けっこう(笑」
GM/店主フォリッジ
 「じゃが、お前たちなら今日の敗北を胸に鍛えれば、次は早々負けることもあるまいて」
クロイツ
 「いやいや、まだまだだと思い知ったぜ・・・・(゜Д゜) もっと強くならねば・・・・!」
シャナ
 「はい、もっと鍛えますっ><」
GM/店主フォリッジ
 「いい返事じゃ」
マオ
 「わたしも、もっともっと、強く…!」
エルPL/エコー

 「でも、全ての事象は繰り返されるのよ~」
クロイツ
 去れ!w
エルベール
 「バッドなスメルのバッドなバケツだったよー」
クロイツ
 「何はともあれ、生きてかえってよかったぜぇ~全員」
GM/店主フォリッジ
 「バッドなスメルはお前さん達もじゃ 風呂を沸かすから入ってこい」
シャナ
 「わーい、行ってきますーー!」
クロイツ
 「よしじゃあ、仲良く風呂入ろう(゜Д゜)・・・・いそいそ」
シャナ
 「クロイツサン、男湯はあっちだって・・(外)」
クロイツ
 「ち(´_ゝ`)バレタカ」
GM/店主フォリッジ
 「クロイツ、お前さんはまず 礼儀 とか マナー を覚えた方がいいのう」
クロイツ
 「(*´Д`*)ファッサ~ 得意だぜ!(田舎者)」
GM/画家メネ
 
 「ではすまんがわしは家に帰る。次に依頼することがあればお前さん達を指名させてもらうぞい」
エルベール
 「おじいちゃん、またねー」
クロイツ
 「おう、爺さんも生きてて良かったな!」
 「あんま無茶すんなよ・・・・w」
GM
 メネは依頼料を置き、手をふって帰っていきました。
マオ
 「すみませんでした、画家さん…!」深々と頭を下げて見送って
GM/画家メネ
 「いいんじゃよ、それも芸術さー」>マオ
シャナ
 メネさん、まだいた(笑)
GM
 ww 遠くから手を降ってるかんじっすw
エルベール
 きっと絵筆忘れたんだよ
クロイツ
 30mで会話可能な世界だからなw
シャナ
 炭を消す用の、パンを貰いに来たとか・・
GM
 さて、最後に何かしたいこととかありますかー?
クロイツ
 お風呂にはいりつつ、マジに「もっと腕をみがかねーと・・・」とシミジミ朝焼けに誓うとしよう。
GM
 これから毎日腹筋ですね!
クロイツ
 腹筋割れてても剣の腕あがらねぇ!w
 それから、女湯の覗きを敢行して終わるか・・・w
GM
 そこはさすがに止めるよ、店主が。>クロイツ
クロイツ
 「と、止めるな店主、これもまた、修行・・・そう、男の修行なんだ・・・!」
マオ
 クロイツさんの顔面に【フォース】。
シャナ
 あ、そうだ
 「フォリッジさん、あの、よかったら、なんですけど・・」
GM/店主フォリッジ
 「なんじゃ?」
シャナ
 「今回も、お金あんまりはいらなかったし」
 「お仕事ないときとか、ここでアルバイト、やとってませんかー?」
 料理、つくれますっ
GM/店主フォリッジ
 「人手は常に足りとらんのでの。やってくれるか?」
シャナ
 (こくこく)
エルベール
 私も!料理作れますっ!(平目
GM
 そっちは作れるとは言えぬw>エルベール
マオ
 わたし、料理食べられますっ!
 それは誰でもできます。(断言)
クロイツ
 そういやオレもコック3あるな。ミートパッカーまであるなw
GM/店主フォリッジ
 「うむ。じゃあ一休みしたら早速昼の仕込みを手伝ってもらおうかの」
クロイツ
 あれぇ? 伝説的騎士を目指して上京?してきたら、いつの間にか店の下働きになっていたw
シャナ
 「わかりましたー!」
 「ついでに、家族が着たら、部屋に隠れさせてくださいっ!」
GM/店主フォリッジ
 「構わんが・・・一区切りついたら 一度家族には連絡を入れるんじゃぞ?」>シャナ
シャナ
 「手紙は書きます、って、置き手紙してきたもん・・」
 「でも、探しにきたら出さないからね、とも」
GM/店主フォリッジ
 「ま、若いうちはそれもまたよかろうて」
 「マオも疲れておるじゃろ、不届きものはわしに任せてゆっくり休め」
エルベール
 「お風呂入ったら、牛のルルちゃんのお世話して、牛乳飲んで寝よっと」
GM/店主フォリッジ
 「そうじゃエルベール、牛の乳しぼり、今朝の分しておいてくれ」
エルベール
 「いっぱい絞ったら、フォリッジさんとこに卸しておくねー」
GM/店主フォリッジ
 「ほっほっほ。それは助かるの」
クロイツ
 「とにもかくにも、この金で今日は部屋借りて休むか・・・疲れたぜ・・・」
シャナ
 「はい・・」
マオ
 「エルベールさん、シャナさん、わたしも、お二人のこと、お手伝いしますね。」
GM
 そちらはリザルトで貼っときますね>お金
クロイツ
 ユリウス陛下の側近の道は遠いぜ
シャナ
 「エルさんも、マオさんも、あとクロイツさんも、これからもよろしくねっ^^」
エルベール
 「はーい、よろしくー」
クロイツ
 「おう、よろしくな、シャナ~」
マオ
 「はいっ。よろしくお願いします♪」
GM
 では切り札亭に新たに生まれた冒険者と働き手を見て
 フォリッジさんが満足げにうなずいたところで 今回は〆させていただきますね
 おつかれさまでしたーー!
一同
 おつかれさまでしたー

オマケ1:敵データ  

●ドレイク(ルールブック1&バルバロステイルズ収録)
           
 
●ボーンアニマル(イグニスブレイズ&ルールブックEX収録)
 
 

★今回のPC達とドレイクの進行ルート

 

オマケ2:パーティ紹介  

シャナ

 シャナリーザ・レイン

 人間/女性/15歳
 ファイター3、エンハンサー2、レンジャー1、ライダー1
マオ
 マオ・シャウカロ
 
 エルフ/女/17歳
 プリ―スト(ル=ロウド)3、セージ2、スカウト1、レンジャー1
クロイツ
 
 クロイツ

 人間/男/19歳
 ファイター4、エンハンサー1
エルベール

 エルベール・マリーベル
 
 人間/女/13歳
 フェアリーテイマー4、スカウト1

オマケ3:リザルト  

★経験点
 基本経験点=500点
 モンスター経験点=40点

 合計540点(PC総経験点 6960点)

★収入(一人当たり)
 750G(本来の報酬の半分)
 300G(危険手当)
 
 合計1050G

★獲得名誉点
 なし(PC総名誉点 45点)

オマケ4:後書き  

 初めまして or お久しぶりです。GMのアーリングです。
 久々のミッション失敗・・・終わってからのアフタートークでもいろいろ意見をいただきましたが、やっぱりドレイクの壁は厚かったですね。
 ただ今回、PLの皆さんが互いのリアル事情をかんがみて、「よし撤退!」と切り替えてくださったのはありがたかったです。 やっぱりTRPGってGMとPLの共同で作っていく場なんだなあ‥と再確認させられました。GMとしてそれに甘えてはいけないのですが、それは今後に活かしたいと思います。

 さて、実は今回のセッションの特筆すべきこととして「全てのPC & PLさんが 初参加」というのがあります。厳密には他の「黒の切り札亭」キャンペーンに入ったPLさんも1人おられるのですが、その方も「でいず。」編は初参加。とっても新鮮でした。
 フリーキャンペーンやってると、まれにこういうことがあるから楽しいですんですよね。
 今回の参加を機に、もっともっといろんなPCやPLさんに出会えたら(そして願わくば「楽しかった!」と言ってもらえたら)GMとしてこれ以上の報酬はありません。
 それでは、参加PLの皆さん、見学に来て下さった方々。そしてこのリプレイを読んでくださったあなた。 どうもありがとうございました。 是非次は卓でご一緒しましょう!

 2016/11/24 アーリング 
 
 P.S.画家のメネさんはセッション見学に来てくれた絵師のナガネコさんが、後日送ってくれました。ありがとうございます。

aoringo CHAT logger