〈黒の切り札亭〉シリーズ

でいず。編 第3回「桃色肩重い」

オープニング/自己紹介  

ヴァロージャ

 「ヴァロージャ=ニンフだ。ヴァルとでも呼んでくれ」
 「慈雨神フェトル様の神官を務めており、最近は操霊術も上達させてきた。後方支援なら任せrゴフッ!?(吐血」
 「・・・・・・見ての通り、貧弱な身体でな。たびたび、血を吐くことがあるだろうが気にしないで接してもらえると嬉しい」(口元の血拭き拭き
ルシード

 「俺様は【時渡り】のルシードだ、俺様の魔力に恐れおののくがいい!」 ※称号ですらありません
 「あの時 (2話大食いパート) は命を落としかけたが黄泉の淵から舞い戻った俺様に不可能などないっ!」
 「不可能はない、だが・・・もうあのような目にあうのはごめんだな」
アンナ

 「ウチはアンナ=ロバート!アンナって呼んでや!」
 「まー色々手違いあってやっとシャバに出てきたんやけど、元凶が行方不明でなー、探すがてら冒険者始めてみたんよ」
 「得意なんはコイツ(マトック)でしばくことと、ルームメイトのコボ子に教えてもろた汎用蛮族語やで!よろしゅう!!」
サントス
GM
 はーい、それでは SW2.0 フリーキャンペーン「黒の切り札亭」 
 「桃色肩重い」のセッションを始めます。 みなさんよろしくお願いしまーす
ヴァロージャ
 よろしくお願いしまーす
アンナ
 よろしくお願いします!!
ルシード
 宜しくお願いしますのだー
サントス
 よろしくお願いします。
GM
 では、本編に移りますねー

幽霊からの依頼/ 「つまりあれか。デス・ノボリとやらを建ててしまっていたのだな」  

       
GM
 皆さんは今、朽ち果てた山の中の古城にいます。
 とある貴族が気まぐれに作ったものだが、没落して手放し、以後誰の手に渡ることもなくそのまま放置されたものです。
 そこに、邪教の高司祭がアンデッドを召喚して住み着きました。
 周辺の村落にもゾンビなどが出没するようになったため、帝都ルキスラから騎士団が派遣され、高司祭及びアンデッドたちは退治されました。
 
 これだけなら、めでたしめでたし、なんですが。
 
 その際、同行した騎士見習いの一人、アルモンドという青年が命を落としました。
 アルモンドは とある貴婦人(既婚)に恋心を抱いており、その人に自分の形見の指輪を届けてほしいということです。
 なおそのアルモンドですが・・・・PCの肩に乗っかってますw
アンナ
 ちょw
GM
 (ころころ) そう・・・・アンナの肩にw
アンナ
 まってまってwww
GM/アルモンド

 「・・・・・というわけなんですよ」
 「いやあ、ここまで来てくださってありがとうございます」
ルシード
 「な、ななななな何も聞こえてないぞゆっゆゆ幽霊などいるわけがなななななないからな。」ガクガクブルブル
ヴァロージャ
 >ルシード 「あれは幽霊じゃない。布を被ったお茶目さんだ・・・・・・触れないけどな」
 「女性の肩に憑りついてるみたいだが、不倫とか疑われなくていいのか?」
サントス
 「女性の肩に乗りながら話すのはいかがなものかと」
GM/アルモンド
 「あ、私、この身と剣をただ一人に捧げてますんで ダイジョブです」
ヴァロージャ
 「もう身体も剣もなさそうだがな」
GM/アルモンド
 「そうなんですよねえ・・・・」
アンナ
 「ええから肩から降りて話してくれへん?」
GM/アルモンド
 「いやあ、それができないんですよ・・・よほど私とあなたの魂の波長(?)みたいのが合うみたいなんですねえ」
アンナ
 「いや、だからな、勝手に乗るなっちゅうてんねんって」
GM/アルモンド
 「私だってね、降りられるならおりたいですよ。ていうか死にたくないし!」
アンナ
 「死んでるがな!!」
 ごもっともである。
ヴァロージャ
 「降りたら成仏するのか・・・・・・アッサリ黄泉路が見えるあたりなんとなく共感を覚えそうだ」(この前も三途の川に足が浸かりました
 とまぁ、ゴホゴホと咳をしておこうw
GM/アルモンド
 「いえいえ。先日からお願いしたように、私の体が持ってる指輪を取ってきてほしいんです。」
 「あれは、思い慕ったあの方に捧げようと、給料3か月分をつぎ込んだ特注品でして・・・この仕事が終わったら渡そうと思ってたんですよう
ヴァロージャ
 「つまりあれか。デス・ノボリとやらを建ててしまっていたのだな」
 俺、この戦いが終わったら(ry わかりやすい死亡フラグ。モブは即死する
ルシード
 「何だそのカッコよさげなワードは!」
ヴァロージャ
 >ルシード 「あれだ。立てたらもれなくその日に天に召されるワードだぞ」
アンナ
 「それ取ってきたらちゃんと成仏してくれるんやな?」
GM/アルモンド
 「取ってきて、あの方に届けてもらえれば成仏します(きっぱり)」
 「・・・私の死体、帝都に持って帰ってももらえなかったんですよねえ・・・偉い人の手当てが最優先だって」
ヴァロージャ
 「それ、間違いなくアンデッド化してるだろう・・・・・・埋葬したわけでもなさそうだし」
GM
 てなわけで、依頼のメモ、ペタリ
 
 ●依頼人
    騎士見習いアルモンド(幽霊)
 ●内容
    「自分の遺体のもつ指輪を取り戻してほしい。」
 ●報酬
    500G/人 (自分のへそくりの場所を教えます)
ヴァロージャ
 へそくりで総額2000G・・・・・・結婚資金か何かだったな(ほろり
ルシード
 つ 【貴婦人は既婚者】
GM/アルモンド
 「いえ、鎧を新調してかっこつけようと思ってました」
 「もう必要ありませんしね・・・(自嘲の笑み)」
ヴァロージャ
 「で、結果がこれか。油断しては元も子もないだろうに」
 「立派な墓くらい作ってやるぞ。神官のはしくれだしな」
サントス
 「そうですね、指輪もですけどお墓も立ててあげないといけないですねぇ」
GM/アルモンド
 「またまたー。そっちのルーンフォークさんなんか 見た目は最年長ですけど一番年下かもしれませんし」
アンナ
 先にへそくりの場所教えてくれてもええねんでw?
GM/アルモンド
 「先に教えてもいいですけど、お嬢さんから離れられませんよ 私」
ヴァロージャ
 そのうち、【ドレインタッチ】のようなことをし始めて HP吸うんですねわかります
GM
 まあ、騎士「見習い」ってことで戦闘能力ほぼ皆無だけどね。
アンナ
 「勘弁してやぁ、ウチはこれからの人間やねんで~」
ルシード
 「ま、まぁ最期の願いと言うのなら聞いてやらないでもないが (断って祟られでもしたらどうなるか!) 」
ヴァロージャ
 「というか、よく店主殿は幽霊の依頼を受けることにしたものだ・・・・・・信憑性のあたりとか大丈夫なのだろうか」
ルシード
 「幽霊ではないと言ったではないか!」
ヴァロージャ
 「すでに憑かれてる時点で祟られも呪われもされているようなものだと思うがな・・・・・とりあえずは未練をかなえてやろう」
 >ルシード 「何を言っている。あれは、ユー=レイさんという布を被ったお茶目さんだ。恥ずかしがり屋だからアルモンドと偽名を名乗っているだけだ」
ルシード
 「」 血の気が引く音
アンナ
 「(……はぁー。)まー、ここで会ったがなんちゃらや、しゃあないなぁ」
GM/アルモンド
 「みなさんありがとうございます・・・惚れそう」
アンナ
 「ひとまずその惚れっぽいのは治した方がええと思うで」
GM/アルモンド
 「はーい」
ヴァロージャ
 「憑りつかれたら今度こそ黄泉路を渡りそうだな・・・・・・」(顔がいつもより青白くなりつつ
GM
 てなわけで、帝都を発って約半日。古城まで案内されてきたわけです。
 さて、ここからは皆さんに侵攻をお任せしますが
アンナ
 侵すのかww
ヴァロージャ
 攻城戦シナリオかと思ったw
ルシード
 兵糧攻めだ!
ヴァロージャ
 いや、水攻めだ!
GM
 ちがう!進行w
 うっかり誤字もできねえぜ!
GM
 何かここまでに質問とか、これをしてた!みたいなのがあればどうぞー
ヴァロージャ
 アルモンドの死因とか聞いてみたいところ。
 あとは未練がなくなったらすぐに成仏できるようにお祈りの準備してるくらいか
GM
 アンデッドに刺されて、殴られて、くびちょんぱ。<アルモンドの死因
 そのアンデッドは他の騎士に打ち取られました。仇は取られてます。
ヴァロージャ
 寄ってたかって囲まれてるじゃねーかw
アンナ
 あー、やばいにおいがするねw
 で、そこはいったいどこなのよ?
GM
 古城の中が決戦の舞台になりまして。2階建ての城なんですが、その2階で邪教の高司祭と騎士団との大バトルがありました。
ルシード
 ヴァロージャに騙されて除霊効果のあるレモン齧ってます
ヴァロージャ
 >ルシード 「そのレモンはダメだ。こっちの霊験あらたかな林檎のほうがいいぞ」
GM
 あ、さっき言い忘れてたけど サントスの言ってた墓ですが、
 さすがに野ざらしはあれなんで、簡単に土葬はされてます。古城のまわりの土の中に。
 ただ、埋葬した騎士たちにとっちゃ 指輪の事なんか知る由もないのでそのまま・・・(苦笑)
アンナ
 ほな、古城の土掘ったらええんかw
ヴァロージャ
 掘り起こされてる可能性あるねw 
サントス
 掘り起こすのか!
GM
 いいですよ? では行動に入ります

古城前にて/ 「・・・致命傷で済んだな」  

       
ヴァロージャ
 とりあえず古城にはついてるってことでいいんかな?
GM
 はい。今は夜。古城の前にいます。睡眠ペナとかはありません。
アンナ
 今真っ暗ちゃうん?
ヴァロージャ
 おっとそれなら、松明でも灯しておくか。暗視がほぼないメンツだしな
GM
 まあ、さすがに松明くらいはあると思うので、だれか持っててください。
ルシード
 まぁ武器と盾装備のわたしが妥当かしら
ヴァロージャ
 おぉ、できるならー
アンナ
 よろしくおねシャス!
ヴァロージャ
 とりあえずはさっき言ってた通り、土葬されたところの確認からかね
 身辺整理の時に見落としがあったかもしれんし・・・・・・その際にちょろまかされた可能性とかは投げ捨てておこう(
 でいいかな?@ALL
サントス
 いいですよ
ルシード
 おー
ヴァロージャ
 そこの幽霊君はどうなんだw
GM
 幽霊はアンナの肩に乗ってますしねw
アンナ
 乗られてますw
 今んとこ足跡とかそういうのは無いのかな?
GM
 足跡は、いっぱいあります。
 馬やら鎧騎士やらがたくさん・・・・
ルシード
 だろうね
アンナ
 足跡って古いかどうかわかるです?
GM
 ふむ。では判定してみましょうか
 【足跡追跡判定】。 足跡を見てみましょう
ヴァロージャ
 ない奴は平目でも大丈夫ですかっ
GM
 はい。目標値は10です
 判定の結果、スカウト技能持ちのアンナとルシードが成功。 平目のヴァロージャとサントスには厳しかったようです。
ヴァロージャ
 さすがスカウト組w
GM
 アンナとルシードはわかりましたね。 ほぼ1週間くらい前。アルモンドの言った騎士団の話とも一致します。
ルシード
 わ、わーい土葬1週間かー
ヴァロージャ
 だれか掘り起こして愉悦しててもおかしくないなー
 それ以外の足跡があったとかはわかりそう? ここ2~3日のとか
 足跡まみれでわからないならそれでOKっすw
GM
 さっきの判定に含みますが、無いと思ってOKです

墓へ

GM
 まあ、では墓の方に行きましょうか
GM/アルモンド
 「あんまり見たくないんですけどねえ、自分の死体なんて」
アンナ
 「誰も見たくないと思うで?」
ヴァロージャ
 「一週間たっているなら相応に腐敗しているだろうしな・・・・・・」
アンナ
 >アルモンド「ま、ひとまずアンタの埋まってるとこ見にいこか—」
ルシード
 何も考えなきゃ埋まってる所で指輪取って終わりだな!
ヴァロージャ
 「まずは、本人が亡くなっても大事に抱えているかもしれない可能性からだな」
サントス
 「現物を見なくては、はじまりませんからね。」
GM/アルモンド
 「はーい・・・確かこっちの方って言ってたのを聞いたようなそうでないような・・・・」
アンナ
 「出てきた場所くらい覚えとってやw」
GM
 記憶があいまいなんですよ。 特に死んだ前後は。
ヴァロージャ
 あぁ、蘇生すると一年記憶吹っ飛びますもんね、人族の基本。
 「ずいぶんと不明瞭な・・・・・・ゴホゴホ、大丈夫か?」
GM/アルモンド
 「大丈夫です。命かけてもいいです」
ヴァロージャ
 「命ってお前、もう死んでるだろうに・・・・・・」
サントス
 「賭ける命ないじゃないですか!」
アンナ
 「何もない奴は責任なくてええなぁ」
GM
 さて、では移動しますねー
       
GM
 というわけで、墓のある・・・・はずの場所。
GM/アルモンド
 「あれー・・・?えーーと、あれー^?」
ルシード
 「何をしていると言うんだ」
アンナ
 「どうしたん?」
GM
 そこにあるのは、ぽっかりとした穴。
アンナ
 「はぁ!?」
ヴァロージャ
 「けふけふ・・・・・・埃が舞ってかなわんな。墓はこのあたりか、なんだと!」
GM
 穴はあります。中に死体はありません。
ヴァロージャ
 「これはあれか。荒らされたか」
GM/アルモンド
 「うーん、ここって言ってたはずなんですが・・・」
アンナ
 「おらへんやんw」
ヴァロージャ
 GM、これ外から掘り返されたのか、それとも中から出てきたのかわかります?
GM
 はいな。これも【探索判定】でいってみましょうか。 目標値は8。
 目標値はさっきより低くなりましたが、成功はルシードのみ。
GM
 ルシードは気づきました。 中からですね。
アンナ
 >ルシード 「なんかわかったん?」
ヴァロージャ
 「・・・・・どうした、ルシード。何か気づいたのか?」
ルシード
 あばばばばばばば
ヴァロージャ
 「あ、いや、いい。無理して言わんでも。その様子だと中から出てきたんだな?」
アンナ
 「だから責任もって自分の体は自分で管理せいというに」
ルシード
 「経緯はあれだが・・・【不死なるもの】(アンデッド)になった、が有力だろうな。」
 幽霊じゃなくなって調子を取り戻してきたルシードさん
サントス
 「ということは、アンデッド化したということでしょうかね?」
GM/アルモンド
 サントスに言われ、「あ―・・・そういわれると、あっちの古城になんか惹かれるような・・・」とアンナをクイクイ引っ張ります
アンナ
 「お、おい!なにすんねんっ!!」
ヴァロージャ
 「そうか、アンデッドになったか……おい、埋葬が不十分だったんじゃないのか、それ」
GM/アルモンド
 「かもしれません。いやあ、怨念って厄介ですねえ」
ヴァロージャ
 「自分で怨念って言ってどうするんだ・・・・・・」
アンナ
 「怨念がおんねん」
ヴァロージャ
 >アンナ 「・・・・・・・・・・・・・・・」(すごく つめたい まなざし で みている
アンナ
 「言わなやってられへんがな…ウチ嫁入り前やのに……w」
ルシード
 「憑かれてるんだな・・・ゆっくりと休むといい。」やさしいまなざし
アンナ
 「うわー一番言われたくない人に慰められた—」
ヴァロージャ
 「こふっこふっ・・・・・・とりあえず、あれだな。古城に行ったみたいだし、様子を見に行くしかないだろうな」
GM
 さて、どうします?
ヴァロージャ
 そうだなー
アンナ
 まー探すあてもないから引っ張られる方に行こうかなぁとは思うです
ヴァロージャ
 まぁいかないとアンナさんに永久就職(肩)しそうですし、行ってみましょ—ヤ—
ルシード
 アンデッドなら倒せるから怖くないぞ!
 さらに、ルシードは判定の結果、この墓から古城に向かう足跡があることを発見します。
アンナ
 >アルモンド「この足跡に心当たりは?」
GM/アルモンド
 「あ、私の足跡そっくり」
ヴァロージャ
 「当たりだな。古城に行ったみたいだ」
ルシード
 「何のつもりか知らんが余計な手間がかかるな・・・」
ヴァロージャ
 「さぁ、アンデッドのやることは本人にしか理解できんからな・・・・・・いや、本人も理解できていないのかもしれん」
GM/アルモンド
 「でしょうねえ。私にもさっぱり」
ヴァロージャ
 「本人は心当たりくらい持っておいてほしいものd……げほげボっ?!」(血へどはきーの
アンナ
 「ほな、この足跡追ってこかー」

古城へ

       
GM
 では、表に出て、古城の中へ入りますね
ヴァロージャ
 ダイナミックお邪魔します!
GM
 おう、ではダイナミックにばーーん!と扉を蹴破ったヴァロ。
ルシード
 反動で2d100のダメージをどうぞ
アンナ
 わおww
 どんだけ頑丈な扉やねん!
GM
 いやそうじゃなくてw 中から剣が飛んできます。【回避力判定】をどうぞ。目標値は13。
ヴァロージャ
 「ぐわー!?」
 ヒラメなんですがそれはw
ルシード
 つよく生きろ・・・
サントス
 www
アンナ
 またここに新しく犠牲者が……w
GM
 (こっそりころころ・・・・)12点の物理ダメージです。
ルシード
 ヴァロの防護点は3だから9点か・・・致命傷で済んだな
アンナ
 それ済んだって言わないww
GM
 剣はヴァロの腹を切り裂くと
 ひゅん、と飛んで扉の中に入っていきました。
アンナ
 「…!!」
サントス
 「ダメじゃないですか、ドアを開けるときはノックしてからじゃないと」
GM
 紳士だな!?
アンナ
 ノックしたら良いのかw
ルシード
 「なるほど、自動迎撃機構か・・・」
 まぁヴァロージャには戦闘中に吐血してもらうからこっちでヒールすっかね
ヴァロージャ
 9点貰い・・・おっとHPが半分消し飛んだw
 「がっ・・・・・・・はっ」(腹を割かれて真っ赤に
ルシード
 【プライマリィヒーリング】で回復させておっけぃ?
GM
 いいですよ
ルシード
 (ころころ)8点回復ね
ヴァロージャ
 1点は血の気が足りないということにしよう
サントス
 ww
ヴァロージャ
 「悪質な訪問客お断りの自動迎撃とかどんな警備システムを仕込んでるんだ・・・・・・」 (血が足りない表情で
アンナ
 「あれなんじゃろな?」
GM
 さて、では剣を見たPCのみなさん
 【魔物知識判定】をどうぞ。目標値は5 弱点値は12です
ヴァロージャ
 まもちきはまかせろー(ばりばり) 達成値15!
 目標値が低いこともあって平目の人も成功。 アンナがこっそり1ゾロで経験点を稼いだりもしてましたが。
GM
 ではヴァロが命と引き換えにもぎ取ってくれた情報です。
アンナ
 身をもって知ってくれたわけだw
ヴァロージャ
 命・・・・・・・「意の血」なら間違ってないな!
GM
 アンデッドに「物品をあやつって襲ってくる」「本体は飛んでくる物品のどれか一つ」っていうのがいます。
 名前をポルターガイスト、というのですが
ヴァロージャ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ、8レベルだった気がするんだが
GM
 うん。どうもそれに似てる。ただ、威力といい飛んでくスピードといい あれよりはるかに弱そう。
ヴァロージャ
 「ぬぅ、あれはポルターガイストか・・・・・・・しかし、聞いた話よりもずいぶんと弱体化しているな」


 ポルターガイスト(ぷち)
 
 モンスターレベル:2 分類:アンデッド
 知能:低い 知覚:魔法 反応:敵対的
 言語:なし 生息地:
 知名度/弱点値:5/12 弱点:魔法ダメージ+2点
 先制値:13 移動速度:16(浮遊)
 生命抵抗力:3(10) 精神抵抗力:4(11)
 部位数:3 コア部位:核

 攻撃方法:体当たり(剣)/命中力:6(13)/打撃点:2d+3/回避力:5(12)/ 防護点:3/HP:15/MP:11
 攻撃方法:体当たり(ヨロイ)/命中力:6(13)/打撃点:2d/回避力:5(12)/ 防護点:3/HP:25/MP:11
 攻撃方法:体当たり(ツボ)/命中力:6(13)/打撃点:2d+3/回避力:5(12)/ 防護点:3/HP:20/MP:11

 特殊能力(◯:常動型 〆:主動作型 ☆:補助動作型 □:宣言型 ▽:条件型 ▼:条件選択型)

 ●全身
 ○判別困難
  [部位:核]と[部位:物]の判別は困難です。戦闘開始時にGMは5つの部位のうち、どれが[部位:核]であるかを秘匿します。 「〆武器を操る」「〆殺到」の能力が使われたら、戦闘参加者は[部位:核]を特定できます。
  近接攻撃では、直接には判別できませんが、受けた物理ダメージ量から、プレイヤーが推理を行うことは避けられません。

 ●核
 〆武器を操る/必中
   [射程20m][形状:起点指定]で、武器に自らの思念を宿らせ、対象1体を攻撃します。ダメージは、「その武器の威力+3」点です。威力やクリティカル値、属性などは個々の武器に依存します。
  この能力は、カテゴリ〈ガン〉の武器を操ることはできません。

 ●物
 〆殺到/必中
  自身の存在する乱戦エリア内の敵1体に、[部位:物]の全てが集中攻撃を行い、「2d×(残っている[部位:物]の数)」点の物理ダメージを与えます。

 戦利品
  2~6:武器(30G)
  7~12:意匠を凝らした武器(150G)
ヴァロージャ
 アトリエシリーズでこんなんいた気がするな……@(ぷち)
ルシード
 「そ、騒霊・・・だと!?」
ヴァロージャ
 「安心しろ、殴って倒せる」
 「どうにも、アンデッドの巣窟になってるかもしれん。気をつけて殴り倒せ」
ルシード
 「成る程、それなら問題ないな。」
アンナ
 「なんやよー分からんけど殴ればええねんな?」
ヴァロージャ
 「ゴフッ……まったく、か弱い後衛を狙うとは何て奴だ」
GM
 君が突っ込んだんでしょうがw
ヴァロージャ
 >サントス 「(魔物のことあれこれ説明して)というわけだが、行けそうか?」
サントス
 「まあ、問題ないでしょう」
ヴァロージャ
 TRPGのお約束、蹴り開けるをやった結果がこれだよ
ルシード
 なぜその身体能力で決行したのか
ヴァロージャ
 わからん・・・・・・・w
GM
 GMとしては腹抱えて笑ったけどね!w 

対決・ポルターガイスト/ 「加減を誤った気はするが無事には変わりない・・・」   

GM
 では、戦闘に入りますねー
 先制判定の結果、PC側は先手を取れず後攻に。
ヴァロージャ
 「思ったよりも素早いな・・・・・・気をつけろっ!」

★第1ラウンド 先攻―GM

       
GM
 ではこちらの手番ですね
 まずは剣がルシードに!
 こっちの命中は固定値で13。回避どうぞ―
ルシード
 ぬわー!(ころころ)16!
ヴァロージャ
 見事なスウェイだと感心するがどこもおかしくはないな
GM
 続いてヨロイがアンナに! こっちも命中は13!
アンナ
 (ころころ) 7点防いで2点もらいますー
GM
 ツボは・・・ルシードに行こう。
 こっちも命中は13! 
ルシード
 受けたダメージからコアが推理できねぇ!
 やめろー!(ころころ…ファンブル!)
ヴァロージャ
 アッ—!?
アンナ
 あー!
GM
 キターーーー!
 防御ファンブル表どうぞ
ルシード
 ま、まぁ変転切る場面じゃなかろう(慢心)(ころころ)・・・1。
 (※編注「この表を2回振り、両方を適用する。同じ出目の累積はしない」)
サントス
 あ
ヴァロージャ
 ああっと
ルシード
 ま、まだ即死はしねーし・・・
GM
 にやーり
ルシード
 (ころころ×2・・・ 6ゾロ!)(※編注「6—防護点無効」と「6—防護点無効」)
 ええー
アンナ
 ここで出すなし
ヴァロージャ
 この場合どうなるんですかGM!
ルシード
 累積しないから6だけよ
GM
 超防護点無効! 防護点0が、なんと0に! (そのまま)
ルシード
 GUWA!
 つまり・・・ツボが頭にはまるってことか
サントス
 ww
ヴァロージャ
 まだだ、まだGMのダメージがどうなるかわかっていない!w
GM
 壺がヒット!ダメージは2d+3で・・・(ころころ・・・1ゾロ!)
ルシード
 やったぜ
ヴァロージャ
 キター!
アンナ
 www
サントス
 wwwwwww
ヴァロージャ
 さすがGM,お約束は死んでも守るぅ!www
GM
 ええい役に立たん壺め!
ルシード
 5点素通り痛いけどね
GM
 しくしくしく・・・せっかく特殊能力を使うのを我慢して、コア部位がどれかわからないようにしたのに・・・

★第1ラウンド 後攻―PC

GM
 では1ラウンド裏、そちら!
ヴァロージャ
 さて、どうするか・・・
 3人で3種殴れば、コア露出だけど・・・・・・うちの子、味方巻き込んでズドンしかねーぞ、攻撃w

 Q.つまりどういうことだってばよ
 A.3人で倒せないと相手の手番回るか味方巻き添え雷(【スパーク】)だよ!
ルシード
 どうするか・・・ E:ツボ E:たいまつ E:たて E:よろい
 完 全 装 備
GM
 いつの間にかツボかぶってる!!w
ヴァロージャ
 つぼったwww
GM
 では、支援とかなければアタックするといいんじゃないかな
ヴァロージャ
 支援いる人ー
ルシード
 あれば嬉しいがなくて困るもんでもない
サントス
 ノ 【ファナティシズム】もらえるとありがたい
ヴァロージャ
 サントスさんはあれかな。HP多いの狙ったほうがいいのかな、一番火力あるしw
アンナ
 温存しといてほしいので支援はいらんよ
ルシード
 逆に考えるんだ
 1部位落とせば33%で終わると
ヴァロージャ
 とりあえず前衛の行動待ってから考えますか@サントスさん
サントス
 そうしましょう
アンナ
 各個撃破と考えればいいんかな?
ヴァロージャ
 うむ、がんばってくれー
アンナ
 ほな適当に、上から行きますw
 【キャッツアイ】入れて、剣に 《斬り返し1》 でアタックしまっせー
GM
 はーい、どうぞ
 こっちの回避は軒並み12です
 しかし アンナの攻撃は 当たらなかった!
アンナ
 あたらんなw
GM
 では次はルシード?
ルシード
 サントスさん先おなしゃす!
 できれば【ウィンドカッター】で削りでしとめたい!
ヴァロージャ
 fm。ファナかけますかw
サントス
 もらいます
ヴァロージャ
 サントスに【ファナティシズム】行きますよー
 「操、第二階位の精。高揚、戦意——奮起!    ごふっ」(ころころ)発動成功。命中+2 回避ー2よー
 「よし、集中のまじないをかけた。いけっ!」(血を吐いて白くなった顔で
サントス
 では、剣に【ソリッドバレット】2連射。(ころころ×2)達成値は両方14。
GM
 ぎゃーす! 両方命中!
アンナ
 おおお!
ルシード
 弱点乗って・・・死んだなあいつ
ヴァロージャ
 あぁ、消し飛んだな
サントス
 (ころころ×2)11点と11点、合計22点の魔法ダメージです。
ヴァロージャ
 「やったか!」
アンナ
 さすがガンはすげーなw
サントス
 「やりました!」
GM
 しかし、残りの2体はまだまだ動く!
ヴァロージャ
 「だが、核ではなかったようだな・・・・・・まだ動いているぞ」
ルシード
 ふむ。
 1つ減ったし頑張ってみるか
 松明は捨てれないから、盾捨ててサーベルの《魔力撃》で頭のツボを攻撃しよう
GM
 壺がじたばたと暴れます。
GM/壺
 
 「(馬鹿な・・・・そんなことをすればお前まで)・・・・死ぬ気か!!」
ルシード
 (ころころ) あたってダメージ9点。ぺちっ
ヴァロージャ
 あぁん
アンナ
 かわいいw
GM
 3点削って6点もらい ひびが入ったかな
ルシード
 「こんな不恰好なままでいられるか!」
ヴァロージャ
 「変な態勢で振りかぶったせいか、割れてないぞ、ルシード」
GM
 しかし壺はルシードのあたまでぐるぐるぐる・・・・

★第2ラウンド 先攻―GM

       
GM
 そして2Rこちら
 怒った壺が、ピカッと光り
 アンナのつるはしが、ググッと持ち上がります
アンナ
 「おおっと!」
GM
 壺(コア部位)の特殊能力、発動!

 【武器を操る】/必中
   [射程20m][形状:起点指定]で、武器に自らの思念を宿らせ、対象1体を攻撃します。ダメージは、「その武器の威力+3」点です。威力やクリティカル値、属性などは個々の武器に依存します。
   この能力は、カテゴリ〈ガン〉の武器を操ることはできません。
ルシード
 コア部位装備してたー!!?
ヴァロージャ
 まじでか!
ルシード
 ちょういたそう
ヴァロージャ
 悲鳴上げるな
GM
 というわけで、アンナ、「威力40+ダメージボーナス3」でダイスどうぞ
アンナ
 (ころころ)10点。物理ダメージ? 3点もらうよー
GM
 さくっと。
ヴァロージャ
 痛そう(小並感
GM
 続いて、ヨロイが、【殺到】!
 (ころころ)ルシードに必中あたーっく!
ルシード
 回避ペナがかかっていても関係なかった!
 (ころころ) 6点の物理ダメージです
 ハードレザーにしといてよかった。2点通し。
GM
 こちら終わり! 2R裏そちら~

★第2ラウンド 後攻―PL

ヴァロージャ
 「そのツボが核っぽいぞ! 壊せ!」
アンナ
 「ほなやりかえしたるわい!」
 先いかせてもらいますー
 ツボに 《斬り返し》 アタックで (ころころ) 外れた。
ルシード
 「待て!落ち着いて冷静になれ!このままでは俺まで巻き込まr」
 ルシードは、にげまわった
GM
 ルシードのせいだった。
ヴァロージャ
 だが まわりこまれてしまった!@切り返し感
アンナ
 振るわんなー、もういっちょw(ころころ)「どりゃー!!」
ルシード
 しかし にげばはなかった!
ヴァロージャ
 12点直撃!
GM
 壺の残りHPは2点!
アンナ
 「後は割ってくれるやろ」
GM/壺
 「(やめろーやめろー!こいつがどうなってもいいのかー!)」
ルシード
 これなら髪の毛を巻き込まずに済む!
ヴァロージャ
 「手加減を間違えると取り返しのつかないこと(髪の毛が)になるぞ!」
ルシード
 【ウィンドカッター】で華麗に割るぜ!
GM
 1ゾロ以外は死ぬなwどうぞー
ルシード
 (ころころ) うわーていこうされたー(棒)
GM/壺
 「(がまんのこっ!)」
ルシード
 ただし弱点適用により しぬ (ころころ・・・6ゾロ!)8点の魔法ダメージ。
GM/壺
 ぱりーーーーーーん!
ヴァロージャ
 wwww
サントス
 6ゾロwww
アンナ
 www
GM
 ホント今日は出目が極端だなルシードww
アンナ
 ほんまやねw
ヴァロージャ
 恐ろしいw
GM
 ヨロイもがしゃん、と崩れ落ちます。
 皆さんの勝利!
ヴァロージャ
 「終わったか……ルシードは無事、か?」
ルシード
 風の妖精さん?
ルシードPL/風の妖精

 「GUOOOOOOO!」 ルシードの髪の毛ごと粉砕!
ヴァロージャ
 なんかあたらしいのきたー!?
GM
 また変なの出たよwww
 GM許可で 「ルシードの妖精は6属性それぞれに1体ずついて、パワーアップしていく」 という設定になってます
ヴァロージャ
 「・・・・・・はっ。大丈夫か、ルシード!」
ルシードPL/風の妖精
 「加減を誤った気はするが無事には変わりない・・・」 はらりと落ちる髪の毛
サントス
 「ルシードさん髪が・・・」
ヴァロージャ
 「ま、まぁ、無事なようで何よりだ」(ルシードの髪から目をそらしつつ
アンナ
 「あーあーあー」
GM/アルモンド
 「あーあーあー」
ヴァロージャ
 「・・・・・・まぁ、その、なんだ。フェトル様も髪の毛の供養くらいはしてくれる、はず?」
ルシード
 「一体何を言っているんだ・・・?」
アンナ
 「見てないことにしとったるわw」
ヴァロージャ
 「その剣でお前の顔を映してみればわかるよ・・・・・・」
ルシード
 そこまでばっさりいったのか!
ヴァロージャ
 どこまでばっさり逝ったかはカットしたルシード本人次第だ!
GM
 あっははw 

戦闘後 / 「なんもみえねぇ」  

ヴァロージャ
 「ごほごほっ・・・・・・まぁ、命に別状なくて何よりだ。回復はいるか?」
 あとで剥ぎ取りできそうなら、まずは指輪……というかご遺体の捜索じゃな
アンナ
 探索したいかもね
GM
 あ、それなら
GM/アルモンド
 「中に入ってわかったんですけどね、たぶん私の体、2階の方です」
 「そっちの方に惹かれる気がするんですよ」
ヴァロージャ
 「ほう、わかるのか」
アンナ
 「だから無理やりひっぱるなっちゅーに!!」
GM/アルモンド
 「ポルターガイストがいないぶん、さっきよりはくっきりはっきり感じます」
GM
 と言ってます
ルシード
 「ひゅ、ひゅー」 聞こえてないフリと吹けてない口笛
アンナ
 >アルモンド「あのツボ、自分の知り合いちゃうかったんや」
GM/アルモンド
 「違いますよ!こう見えても騎士団の端くれの隅っこの見習いですよ! アンデッドに知りあいなんていませんって!」
サントス
 「端くれの隅っこってほぼ外なのでは」
GM/アルモンド
 「あーあーあーきこえナーーーい」(耳ふさぎ)>サントス
 「馬の世話だけで3年・・・長かったなあ」
ヴァロージャ
 「お前、それ本当に騎士団に入っていたのか・・・・・・?」
 生暖かい目で見られるアルモンドを横目に、ルシードは回復のために光の妖精を呼び出します。
ルシードPL/エヴァ

 「オトコどもなんてつばでも飲んでればいいの!ぺっぺ!ボインちゃんはしっかり回復しなきゃ!ほらギューってして!」
GM
 また出たよセクハラ妖精w
ヴァロージャ
 煩悩に忠実だw 
ルシード
 ツッコミで成敗してもいいのよ
GM
 ツッコミようがないルンフォさんもいるんやで・・・・
 妖精見えないもんw<ルーンフォーク
サントス
 なんもみえねぇ
ヴァロージャ
 でもそこら辺にいそうってのは他の人の反応からわかりそうだがw
アンナ
 「……しばく」 マトックちゃきーん☆
ヴァロージャ
 さて、エヴァの運命は如何に!
ルシード
 妖精語がわからなくても、つばを吐きかける様子を、お胸に飛び込もうとする煩悩に満ち溢れた顔から察することができるでしょう
サントス
 その顔も見えないんだってw
GM
 せやなw
アンナ
 マトックブンブン
 サントスさんから見たらいきなり修羅のごとくマトック振り出すアンナの図が見えるでせう
ルシードPL/エヴァ
 「ら、らめぇ~!///」 キラーンとお星様になりました
ルシード
 「ま、まぁ治療は済んだ筈だ。2階へ向かうのか?」
ヴァロージャ
 「……まぁ、ああいうやつはひょっこり復活するから大丈夫だろう」
 「依頼を完遂すべきならそっちだrごほごほっ・・・・・・・2階にいるらしいしな」
GM/アルモンド
 「幽霊は見えても妖精が見えないなんて・・・不思議ですよねえ・・・」
ヴァロージャ
 「マナの塊と、人族の魂は違うということなのかもな・・・・・・・」
アンナ
 「ほなさくさく先いこかー(フンス)」
GM
 はーい。ではアンナを先頭に2階へ上がりまーす

2階で待つもの/ 何個ツボあるねんww  

       
GM
 2階は大きな大広間になっています
 奥には大きな扉があり、扉の前には黒いローブをまとった亡霊がふわふわと浮いています。
 よく見るとその向こうに、剣を持った人型も見えますね。
 亡霊は皆さんを見て言います。
GM/亡霊

 「また性懲りもなく来たか、正義気取りの騎士団ども!」
 「我が神より授けられし魔法、叶うことはないと知れ!」
アンナ
 >アルモンド 「なー、あの後ろにおる剣もったのん、自分?」
ヴァロージャ
 >アルモンド 「なぁ、あれってどっちがお前の身体なんdごほごほっ」(と、黒ローブ と 剣持った人影 を指して
GM/アルモンド
 「どうでしょう・・・・暗くてよく見えません」
ルシード
 「あ、あああああアレはアンデッドじゃなく幽霊なんじゃじゃじゃ・・・」ガクガクブルブル
ヴァロージャ
 >ルシード 「大丈夫だ、殴れるなら倒せるっ!」
GM/アルモンド
 「近くに行けばわかると思うんですが・・・・行ってもらえません?」
ルシード
 「な、殴れる・・・のか?ならばいいだろう」
ヴァロージャ
 「殴れなくても、殴って倒せっ!」(根性論
 「まずは、あの黒ローブを制圧するところからか・・・・・・」
アンナ
 「ほなもうちょっと前行くでー」
ルシード
 「フッ、俺様は六属の魔剣士ルシードだ、騎士団なんかと一緒にしてもらっては困るな。」 調子を取り戻したルシード
ヴァロージャ
 「そうだな、【時渡り】のルシードだし、がんばrげふっ」
GM
 では、それを聞いた黒ローブは
GM/亡霊
 「ふん、お前たちはここまでたどり着くことすら叶わぬ!」
 「出でよ!亡霊ども!」
GM
 と高らかに声をかけると、周囲に無数のゴーストたちが現れます
ルシード
 「 」 ふりーず!
ヴァロージャ
 「……俺は後ろから支援する。全力で、何だとっ!」@ゴーストを見て
GM
 では、みなさんには、ボスまでたどり着いてもらいたいと思います。

ミニゲーム開始!

GM
 手順を説明しますね。
 まずヴァロから順に各自、1dを振ってもらいます
 その出目の数のマスだけ進めます。誰か一人でも13になればOK。
 ただし、止まったマスの色に応じてゴーストが「何か」やらかしてきます。気をつけて。
 なお、その場で止まって支援してもいいですが、
 その場合、大量のゴーストがまとわりついてきます。目標値9の【精神抵抗判定】に失敗すると、MPを「1d」点失います。
 以上。何か質問はありますか?
ルシード
 進む量は出目までの任意?
GM
 はい、足踏みして止まってもらってもいいです。
アンナ
 ぴっちり13にならなくても13超えたらOKって感じです?
GM
 はいです。
ヴァロージャ
 あ、まとわりつかれた場合、精神抵抗判定に成功したらなんもなし?@ゴースト
GM
 はい。耐えきった!ということでなんもなしです。仮に判定失敗しても、MP減らした後に行動はできますよ。
 なお、補助動作の魔法は手番内にしてもOKです
ヴァロージャ
 fmm。後の提案は道中とかでかなぁ(【バニッシュ】で追い払うとか云々)
ルシード
 つまり、ルシードのSAN値ががりがり削れるイベントってことだな
ヴァロージャ
 発狂する前に駆け抜けろっ!
アンナ
 このマス目、1マス何mとかはあるです?
GM
 特に決めていません。あちこち廃墟なんで、移動するにしても障害物多いと思ってもらえれば。
アンナ
 便宜上って解釈でいいのね?了解。
GM
 あ、そうだ
GM/アルモンド
 「あれ?あそこに何か・・・・見えます?」
アンナ
 「何?」
GM
 9マス目のところに、ゴーストたちが寄ってこない死体を見つけます。「魔香水」と「ヒーリングポーション+1」を1つずつ持ってる。
 昼に来たら見つからない予定でした。
 9マス目にとまれば、誰でも入手できますよ。
ヴァロージャ
 まるで給水所のようだ・・・・・・・・・・待っているのは死体だがな!
GM/アルモンド
 「みなさん、ごーごーです!」

1ターン目

       
GM
 では、ヴァロの番!
ヴァロージャ
 そこで発狂しかけてるルシードに【ファナティシズム】かけて興奮させて、突っ込ませるとかなるとどうなるかな。
 あるいは、【バニッシュ】するとどうなるか
アンナ
 無茶苦茶やりよるww
GM
 ルシードに【ファナ】かけるなら、通常の戦闘同様の処理になります。 命中+2 回避-2
ルシード
 恐怖心が薄れて気持ち程度にダイス運がよくなるよ
GM
 【バニッシュ】はしてもいいけど、あれは周囲の5体までにしか効果ないから、沢山ゴースト漂ってるここでは意味ないと思ってくれていいです。
 MP枯渇するまでかけるなら別ですが。
ヴァロージャ
 アイヨー。ならあれか。
 道中ダメージ負うだろうから、全員に【フィールド・プロテクション】掛けるわ
 下手に進んでHPにダメージ食らいたくないw
GM
 おーらい、ではまず最初に【精神力抵抗判定】精神抵抗力+2Dどぞ
ヴァロージャ
 (ころころ)せーふ! 「まとわりつくな! 亡者風情が!」
 「フェトル様、我らに守護を!・・・・・・ってごふっ!?」(ころころ) 魔法は発動。
 >ALL 被ダメージ -1なー
 「加護は掛けた。一気に走れ!」
アンナ
 ありがとですー
ルシード
 わーい
GM
 では次はルシード。どうぞー
ルシード
 「こ、こんな所に居られるか!俺は先に行かせてもらうぞ!」
アンナ
 あかんwそれ死にフラグやwww
ルシード
 (ころころ)3マス。
GM
 (ふむふむ・・・第1エリアか)ここでは、キラキラした光の玉が飛んできて目がくらむ。勘を頼りに進め!
 「冒険者LV+知力B」 で目標値10。 失敗すると、家具にぶつかって「2d」点の物理ダメージです。
ルシード
 (ころころ)失敗。6点くらったけど、盾+たいまつ装備+Fプロで無傷。
 「ば、馬鹿なッ!こんなところにツボだと!?」
アンナ
 ここはツボ屋敷かw
ヴァロージャ
 きっと生前の城主が壺フリークだったのでしょうw
ルシードPL/ツボ
 「ぐわあああああ!」 壁にぶつかってパリーン
GM
 ではアンナの番です
アンナ
 「ほなぶっこむでーー!!」(ころころ)4!
GM
 (お、第2エリアに入った) カーペットが波打ち、足元が定まらない!
 「冒険者LV+敏捷B」 で目標値10。 失敗すると、壁に放り投げられて「2d+2」点の物理ダメージを受けます。
 だゆうん。。。だゆん。。
アンナ
 (ころころ)ちょうど10。 「あっぶねー!なんやコイツ!!」(ゲシゲシ)
GM
 続いてサントス!
サントス
 「私もさっさと進みますかね」(ころころ)2。
GM
 さっきと同じく、光の玉が飛んできた!
サントス
 (ころころ・・1ゾロ!)
ヴァロージャ
 ごじってーん
GM
 ごじってーん
アンナ
 ごじってーん
サントス
 ごちそうさまです。(ころころ)ダメージは3点。
ルシード
 ツボにぶつかって3点のダメージ
GM
 壺www
ヴァロージャ
 防護点+FP引くと、これカキーンでは?
サントス
 ダメージ、0点ですね
アンナ
 何個ツボあるねんww

2ターン目

       
GM
 では再びヴァロ!
ヴァロージャ
 んー
 動きたくないがMP削りたくもないなぁw まぁ、しかたない。
 確認ですが【プロテクション】は飛ばせます?@前の3人に。
GM
 とびます。射程30mの魔法は端っこまで届くと思ってもらってOKです
ルシード
 こいつ・・・走る気ねぇぞ
ヴァロージャ
 だってこれ判定失敗したら、一気にHP半分近く削れるしw@動かない理由
 せやったら、判定有利な居座りで支援ばらまく! それが最適解よ
 (ころころ)ゴーストたちへの精神抵抗は成功。 では3倍がけの【プロテクション】。
 「操、第一階位の守。防御、守備ーー真壁」(ころころ) 発動成功! これでさらに被ダメー1じゃ
ルシード
 これで勢いつけて走れるな!
アンナ
 ありがたし!!
ヴァロージャ
 「よし、魔法の守りも掛けた! はしrゴブフッ」(とけつ
GM
 ルシードの番!
ヴァロージャ
 がんばれー
ルシード
 「ま、まさかこの館は・・・そんな秘密があったと言うのか!」
 走るたびにデス・ノボリを立てるルシード(ころころ) 6マス進んだ!
ヴァロージャ
 ktkr!
アンナ
 おー
サントス
 おぉ
GM
 (お、エリア3に入った) ではここからは、骨が周囲から集まってきてへばりつく。体が重い!
アンナ
 一気に死体ゾーンにw
ヴァロージャ
 しかもさっきの給水所(死体)にジャストw
GM
 「冒険者LV+筋力B」 で目標値11。 失敗すると、骨が体に突き刺さってくる。「2d」点の物理ダメージ(防護点無効)。
ヴァロージャ
 あぶねー・・・・・・進まないでマジで正解だったw
ルシード
 (ころころ)「ここは安全なようだな」 デス・ノボリ
ヴァロージャ
 せーふ!
アンナ
 おお!
GM
 OK!
ヴァロPL/死体
 「やぁ」@魔香水とヒルポ+1
ルシード
 じゃあ折角だし、いただいていこう
 「聖水はないのか!あれがないとヤツには・・・!」
 なかった。
アンナ
 幽霊苦手なくせに死体は大丈夫なんだなww
ルシード
 死体は動いても斬ればいいからな!
アンナ
 wwww
GM
 ではアンナ!
アンナ
 (ころころ) 「どりゃー!!!どけどけぇーーーー!!!!!」 3マス!
GM
 またもや骨が周囲から集まってきてへばりつきます。「冒険者LV+筋力B」 で目標値11の判定どうぞ。
アンナ
 (ころころ)「よゆーじゃ!!」
GM
 さすが姉御w
 では最後にサントス!
サントス
 (ころころ) 1。「なかなか進めませんなぁ」 
GM
 飛んできた光の玉への判定は成功か。進みは遅いが、ダメージも受けないんだよなサントス

3ターン目

       
GM
 ではヴァロ!
ヴァロージャ
 自分に【カウンターマジック】。
 「操、第二階位の付。魔力、抗力ーー抗魔!」 これで次の精神抵抗+2~。
GM
 らじゃー。
 次はルシード
ルシード
 「よし、他の連中が引きつけているうちに俺は一人で先に行かせてもらう!」 デス・ノボリ
アンナ
 www
ヴァロージャ
 がんばれーw
ルシード
 いっくぞー
 (ころころ) 1。 タハー
GM
 天罰覿面。
ヴァロージャ
 やったぜ
サントス
 ww
アンナ
 www
ルシード
 お約束って大事
GM
 でも最終エリアだね。耳にこびりつくような、恐ろしい声。思わず身がすくむ!
 「冒険者LV+精神B」 で目標値11。 失敗するとMPを「2d-4」点失う。
ルシード
 ひええ
GM
 あ、ただ、現状、【FP】と【プロテクション】で2点軽減して、「2d-6」でいいですよ。
ルシード
 抵抗すればええんやで(ころころ・・・6ゾロ!)
GM
 どんだけwww
アンナ
 www
ヴァロージャ
 www
サントス
 wwww
ルシード
 「聞こえない聞こえない何も聞こえない聞こえないぞ・・・」ガクガクブルブル
GM/アルモンド
 「必死ですねえルシードさん・・・」
ルシード
 超☆おいしい
 さらに、この後アンナとサントスがじりじりと歩を進めます。お互いに抵抗には成功し、ノーダメージ。そして4巡目、
       
ルシード
 「ここまで来ればもうたどり着いたも同然だ!安心するがいい!」 デス・ノボリ
 はしるぞー(ころころ) 3!
ヴァロージャ
 ごぉぉぉぉぉーーーーーーーーるぅぅぅぅぅぅううううう!
 ※まるでワールドカップの実況みたく
アンナ
 ついたーーーー!!!!
GM/亡霊
 「ほう・・・・」
ルシード
 死亡フラグは回避できたな・・・これでもう安心だ
ヴァロージャ
 おい、目の前に特大のデス・ノボリの塊がいるぞ@黒マント
 「さて、今度こそ決戦だな!」(青い顔でフラフラ
GM/亡霊
 「やるではないか・・・・よかろう!我が相手をしてくれよう」
GM

 では、黒ローブの後ろにいた 人型も動きます
アンナ
 「ここまで来たら自分かどうか見えるんちゃうん?」
GM/アルモンド
 「あ、そうですよ!あれ私です! 何やってんの私いいいい!!」
ヴァロージャ
 「いや、お前はそこにいるから、あの体はなんかあれだ。あの亡霊のなすがままなんだろうさ」

ボス戦/ やべぇ、敵までデス・ノボリ立てはじめた  

GM/亡霊

 「ふふふ・・・1ラウンドだけやろう」
 「わずかな期待をもって、希望に縋りついたところで、より深い絶望を味わわせてくれる!」
ルシード
 やべぇ、 敵までデス・ノボリ立てはじめた
GM
 ww まもちき行きましょうか
 魔物知識判定の結果、亡霊・人型とも弱点こそ抜けなかったものの知名度は突破。 こっそりヴァロージャが1ゾロ振って経験点稼いでたりもしましたが。
GM
 亡霊は レスティリガイスト。こっちはボスですのでダイス振りますよー。
 アルモンドの体は デスソードというアンデッドになっちゃってます。 体のあちこちが刺されたり潰されたりぐちゃぐちゃです。 こっちは固定値を使いますね。

レスティリガイスト(剣のかけら4つ入り)
モンスターレベル:4 分類:アンデッド
知能:低い 知覚:魔法 反応:敵対的
言語:交易共通語 生息地:さまざま
知名度/弱点値:10/13 弱点:魔法ダメージ+2点
先制値:12 移動速度:10(浮遊)
生命抵抗力:6(13) 精神抵抗力:5(12)

攻撃方法:腕/命中力:4(11)/打撃点:2d+2/回避力:4(11)/ 防護点:0/HP:45/MP:20

特殊能力(◯:常動型 〆:主動作型 ☆:補助動作型 □:宣言型 ▽:条件型 ▼:条件選択型)
○通常武器無効
☆縛鎖の怨念/10(17)/精神抵抗/消滅
 自らが死んだ地点の半径5m以内に入った対象全てに対して、すべての行動判定に「-1」のペナルティ修正を与えます。この能力は1ラウンドに1回だけ使えます。
○怨念の縛鎖
 自らが死んだ地点から5m以上離れると、すべての行動判定に「-2」のペナルティ修正を受けます。

〆神聖魔法3レベル/魔力5(12)

戦利品 なし


デスソード
モンスターレベル:4 分類:アンデッド
知能:低い 知覚:魔法 反応:敵対的
言語:なし 生息地:荒野、地下迷宮
知名度/弱点値:9/12 弱点:魔法ダメージ+3点
先制値:8 移動速度:14
生命抵抗力:6(13) 精神抵抗力:6(13)

攻撃方法:武器/命中力:6(13)/打撃点:2d+4/回避力:5(12)/ 防護点:4/HP:36/MP:18

特殊能力(◯:常動型 〆:主動作型 ☆:補助動作型 □:宣言型 ▽:条件型 ▼:条件選択型)
〆死の刃
 回避5(12)/消滅 
 自身の存在する乱戦エリア内の敵1体を怨念のこもった刃で斬りつけ、「10」点の呪い属性の魔法ダメージを与えます。

戦利品
 自動:錆びた剣(50G)
 2~10:なし
 11~:美しい装飾の柄(600G)
ヴァロージャ
 これはあれだな、悲劇的ビフォーアフター。なんてことをしてくれやがったんでしょう
アンナ
 >アルモンド 「なんかえらい体に改造されて…かわいそうに」
GM/アルモンド

 「うおお・・・なんてこったあ・・・」
GM
 と、アルモンドはアンナの肩で悶絶中。
 では先制どうぞ!こっちは12
 ところが出目が振るわず、先制判定の達成値はそろって10以下という有様。
ルシード
 えー
ヴァロージャ
 変転だなぁ・・・・・アンナとルシードのどっちか。
ルシード
 4.5で変転で届くか
GM
 アンナも変転すれば行けますね。どうします?
アンナ
 ウチ変転しよか?どうする?
ヴァロージャ
 アンナは残してあれだ。マトックの一撃に賭けるとか。
ルシード
 レート40のワンパンに期待するからこっちがやるわ
アンナ
 らじゃー
GM
 ではそちらから。配置どうぞ。
ヴァロージャ
 で、1R補助もらえるでしたっけ?
GM
 あ、そうそう。戦闘前扱いでどうぞ。
 こっちは特になしで待ってますんで。
ヴァロージャ
 あーい。では、前衛二人に【エンチャントウェポン】
 「操、第一階位の付。威力、強靭——強刃!   ゴバフッ!?」
 (ころころ)せいこー。魔法の武器化して打点+1よー
アンナ
 ありがとです!
ルシード
 わーい
GM
 あと、レスティリガイストの怨念の縛鎖による「死んだ場所うんぬん」は まさにこの場所で死んだので 行動にマイナスは入りません。
ルシード
 ですよねー
GM
 要は死んだ高司祭なのよこの人。
ヴァロージャ
 だろうねー
 神聖魔法使えるのはその名残かw
ルシード
 「運命は俺を試している・・・我に従え、さもなくば抗えと!」 《剣の加護/運命変転》で先制げっつ!
GM
 もうひとつ。 アルモンドにはレンジャー技能があります(今決まった)
 知力Bは2、レベルは(ころころ) 3LVで。
ヴァロージャ
 うちらよりやや格上じゃないですかヤダーw
 何で死んだんだこいつ…あ、レンジャーしか持ってなかったのか。
 一般技能じゃ回避できないしね
ルシード
 騎士団(救護要員)
ヴァロージャ
 お薬箱持ってたらそら狙われるわな・・・・・・回復役死すべし(デス・ノボリが立った瞬間である)
GM/アルモンド
 「魔香水とヒルポ、使うなら任せてください!」と アンネの肩にずしり。
アンナ
 >アルモンド「自分今すぐヴァロとこ行って魔香水使ったれ」
GM/アルモンド
 「わっかりましたー!」 つかっていい?
ヴァロージャ
 じゃあありがたく頂きますーw
GM
 では、ヴァロージャに魔香水を振りかけます
GM/アルモンド
 「(じゃばー)」 MP5点回復!
ルシード
 タ○リン1000mg配合!
ヴァロージャ
 リボビタソD!
アンナ
 いやにリアルやなww
GM
 おーらい、では戦闘に入りましょか

★第1ラウンド 先攻―PC

       
ヴァロージャ
 作戦案なんですが。
 1.開幕【バニッシュ】(こんにちバニッシュ)。抵抗抜いてうまくいけば棒立ち。悪くてもー1。抵抗されたら泣く。
 2.3人に【ファナ】でレスティリガイストに速攻。当たって回れば1Rキルも見える
 3.無難に【Fプロ】。しかし呪いには効かない非力を許してくれ・・・・・・
 なんだけどどうする? なお、PLにお任せだと1になります()
ルシード
 まぁ1か2よね。でもバニりたいんでしょう?
ヴァロージャ
 うむす
ルシード
 己の心に従うのよ
ヴァロージャ
 じゃあ【バニッシュ】していいかな>ALL
サントス
 OK
アンナ
 好きにやっちゃえ
ルシード
 ちなみにわたしは松明で殴りかかるか剣で斬るかの2択だ
アンナ
 松明ww
ヴァロージャ
 よし・・・では勝負じゃ!GM!
 前線エリアに【バニッシュ】!
GM
 おーらい!カモン! なお、デスソードの精神抵抗は固定値でいくので13だ!
ヴァロージャ
 「フェトルよ。その威光もって邪悪を払いたまえ!」 判定っ!(ころころ)13!!
GM/レスティリガイスト
 抵抗は・・・(ころころ)10! 「なに!? ならば変転・・・できないいい!?」
GM/アルモンド
 「死んじゃうとできないんですよ変転・・・」
アンナ
 「変転ええやろーw」
ヴァロージャ
 「亡霊に剣の加護があると思うな!」
 デスソードはいい? んじゃこのままでーw バニッシュ表いくよー (ころころ) 
 
 【恐怖に縛られ、命中・回避・行使・賦術判定に-1】
 
 一番湿気た効果がかかったか・・・・・
ルシード
 いけっ!つぶせっ!
ヴァロージャ
 よし、みんなかかれーw
GM/レスティリガイスト
 「ク・・・だがこれしきの恐怖!わが神に使える者として乗り越えて見せようではないか! 不死神メティシエよ照覧あれ!」
ヴァロージャ
 「ごほっごほっ!?」
アンナ
 では殴るだけのお仕事な自分が行くか
 【キャッツアイ】からのーガイストを 《斬り返し》 しばきでー!
ルシード
 ごーごー
ヴァロージャ
 がんばれーw
サントス
 ファイト—
アンナ
 命中は(ころころ)15。
ヴァロージャ
 高い!
GM/レスティリガイスト
 (ころころ) よけられん!
アンナ
 (ころころ) 1回回って 28点ダメージ。
ヴァロージャ
 うひょーw
サントス
 おー
GM/レスティリガイスト
 「ぐわあああああああ!!」
アンナ
 「どや!!!!!!!!」
GM
 コイツ、防護点ゼロなんですよ・・・・くそう、もうHPがかけら分に入ったわ
ヴァロージャ
 「あれを食らったら、間違いなく肉片も残らんな・・・・・・・」(顔青ざめつつ
ルシード
 血の気が引く威力
サントス
 では、いきます
 ガイストに、【タゲサ】、【クリティカルバレット】2連射。
ヴァロージャ
 キター!
サントス
 (ころころ×2)命中は13と10。
GM/レスティリガイスト
 (ころころ×2)両方HIT!
 「体が・・・思うように・・・・ッ!?」
ルシード
 南無三!
サントス
 (ころころ×2)13点と、8点。
GM/レスティリガイスト
 HPは-4! 「ば、ばかな・・・・・・・・・!?」
GM
 レスティリガイストは霧のように消えていきます。
ヴァロージャ
 「おぉ、やったkゲホッゲホッ」
ルシード
 あとはデスソースだな
GM
 ソード!ソードだから!ww
アンナ
 激辛やでーーwwww
ヴァロージャ
 てか、動くの?@デスソーダ
アンナ
 激シュワやでーーーwwww
GM
 動きます。
ヴァロージャ
 おぉ、そうなのか…じゃあ頑張れルシード~
ルシード
 「今が好機!一気呵成に攻め立てる!」
 前いって盾捨ててサーベルで《魔力撃》よー
GM
 ・・・・・・・・いや、これ勝ち目無いなw
 おーらい、じゃあルシードの一撃で終わろう。
ヴァロージャ
 それでずんばらりんとかでどうだろうか。
GM
 あたればねw
ルシード
 あたんなかったらどうすんねん!(ころころ)
GM
 だいじょうぶ、あたったw
ルシード
 ここで超回せば勝てる(ころころ) 13
ヴァロージャ
 おしい
アンナ
 おしい
GM
 9点通った。あと出目が1高ければ回ってましたな。
ヴァロージャ
 なんだとどめ刺すなら後ろからこんがりローストするよ? しちゃうよ?
ルシード
 なんだと!かかってこいや!
アンナ
 かかってこんかいー!!
GM
 あはは。ではそこは演出でどうぞ。
ヴァロージャ
  ⊃ 雷 ⊂ 【スパーク】!(ころころ) どんがらがっしゃーん!
ルシード
 「死よりも深き闇に沈め!冥界の・・・ぐわぁあああ!」
GM
 まあ、ダメージは通るわなw
 さて、ではこんがり焼けたところで、皆さんの勝利です!
ヴァロージャ
 ただでさえダメージを追っていた髪に致命傷(アフロ)が!
アンナ
 「真の敵は味方だったということか……!!」(アフロ)
GM/アルモンド
 「容赦ないですね・・・・」
ヴァロージャ
 「む、少し加減を間違えたkゴフォ!?」
サントス
 「ルシードさん髪が・・・」
ルシード
 「ええい!もう少しで決まった所を!」

エンディング/ 「掘る穴が増えてしまいましたね」  

GM
 では、デスソードの方ですが
 倒された拍子に体を操っていた剣が転がり、死体もぐったりと動かなくなります。
アンナ
 「アルモンド、体帰ってきたで~」
GM/アルモンド

 「・・・・・・」
GM
 アルモンドはじっと考え込んでますね。
ヴァロージャ
 「さて、指輪を持っているといいんだが」
GM
 指輪を探すならすぐに見つかります。懐のポケットに入ってます。
ヴァロージャ
 おぉ、よかった。
アンナ
 「……まぁ、あとでちゃんと埋葬したるからな」
ヴァロージャ
 「うむ、今度はしっかり祈祷して送ってやろう。フェトル式だが」
アンナ
 「せやな」
GM/アルモンド
 「・・・ありがとうございます」
ヴァロージャ
 「それで、どうした。まだ何か悩み事があるのか?」
 「未練があるならきっちり晴らしてから逝くといい」
 「微力だが、力になrゴフッゴフッ」
ルシード
 「ここまで来て徒労で帰る訳にも行かん、続きがあるならさっさと白状するんだな。」
GM
 では、じっとうつむいていたアルモンドは、顔を上げ、あなた方4人を見て口を開きます
GM/アルモンド
 「みなさん、本当にありがとうございました」
 「いろいろ考えたんですが・・・アンデッドを倒しに行った自分がアンデッドになるなんて・・・やはり会わせる顔がありません」
 「ゴーストってだけならともかく、体もですし・・・」
 「報酬は約束通りお支払いします。ですが、指輪はもう渡してもらわなくても結構です」
 「ただ、できるなら。 この城の外にある、 帝都の見える丘にその指輪を埋めてください」
 「あの方を想って、私はここで眠りにつきます」
GM
 とぺこり、と頭を下げますね。
ヴァロージャ
 「……言伝なら伝えておくが、どうする?」
GM/アルモンド
 「いえ、結構です。結局は私の一人だけの思いですし。あの方に伝えても困惑されるだけでしょう」
ルシード
 「成る程、それでいいんだな?」
GM/アルモンド
 「はい」 きっぱりと正面を向いて言います。迷っている様子はありません
アンナ
 「体も一緒に埋めたるわな」
ヴァロージャ
 「そうか・・・・・・なら、一番よく見えるところに埋葬しなおしてやろう」
アンナ
 「……任せとき、穴掘るのはウチの本職やで」
ヴァロージャ
 「今度は迷いなく、逝くといい。信じる神は違うだろうが、神官として見送ってやろう」
GM/アルモンド
 「ありがとうございます、アンナさん、ヴァロージャさん、ルシードさん、サントスさん」
 「もし輪廻の輪が巡ることがあれば、またお会いしましょう・・・・」
GM
 すっ、とアンナの肩が軽くなります
アンナ
 「……」
ヴァロージャ
 「あぁ、またいつか会おう・・・・・・フェトルよ、迷いし子を導きたまへ」(と、フェトル式の祈りを切っておこう
GM/アルモンド
 (さような・・・ら・・・・)
サントス
 「・・・また会いましょう」
アンナ
 「……今度は生身で会おうな」
ヴァロージャ
 「さて。望み通り、身体のほうも埋葬してやらんとな」
ルシード
 「黙して伝えない想いか、・・・死者ではない俺にはわからんな。」
アンナ
 「肩乗らんとってな」
GM
 では、最後に何かしたい人ー?
ヴァロージャ
 ま た せ た な
 爆死チェックのお時間です()
ルシード
 やったぜ
GM
 ww
アンナ
 www
GM
 説明しよう!
 ヴァロージャは改造人間である。
 彼の体は原因不明の不調に襲われており、定期的に吐血する。
 魔法を扱うのに長けた体であるが、その反動は確実に、ハイマンである彼の体をむしばむのだ!
 (PLが決めたフレーバー設定です)
ヴァロージャ
 正確にいえば、魔力を通すと体が持たないくらい虚弱体質になってるんですけどね、今の時代に蘇ってからw
ルシード
 一緒に冒険した仲間曰く 「何度も見れば流石に慣れる」
ヴァロージャ
 なのでMPを使えば使うほど爆死する。魔法使いなのに
GM
 はいはいw 判定どぞー
ヴァロージャ
 ということで判定だコラぁ!
サントス
 ww
ルシード
 ひゃっはー!
ヴァロージャ
 2d+3で目標値は15!(ころころ)
 うんまぁ、今回も6ゾロチェックだったんだ(寂し気に

 「・・・・・・」(穴を掘りに行こうとして止まる
アンナ
 せっせと景色のええとこに穴掘ってますww
ヴァロージャ
 「ゴブハ!?」(全身から血を噴き出して倒れる。そして血だまりの中に沈む・・・・・・(い・つ・も・の光景)
アンナ
 「え!何これ!?聞いてへんし!!」
ヴァロージャ
 最後に血文字で「むね 」と力尽きる感じでw
ルシードPL/エヴァ

 「ガタッ」
GM
 呼ばれてないだろ駄妖精www
ヴァロージャ
 まぁ、気持ちはわかるが座るんだwww
ルシード
 「戦えば戦うほどにその身を蝕むか・・・やはり貴様も呪われし神子という訳だな。」
ヴァロージャ
 「」(ちーん
アンナ
 「…えーと、これ穴3個必要かな?」(マトックぶんぶん)
サントス
 「掘る穴が増えてしまいましたね」
ルシード
 オチは憑いた気がするぞ!あとは任せた(投げっぱなし
ヴァロージャ
 とりあえずぴくぴくと末期の震えを見せておこうw(まだ生きてるアピール。サンズリバーを寒中水泳してるがw
アンナ
 「待てコラ!セクハラ妖精!!!!!」
GM
 え、えーと。じゃあ血まみれで終わるのも大惨事なんで 一つ描写入れて終わるね。
 ルキスラ帝都を臨む、山中の小さな丘。
 そこに、小さな墓がある。
 誰にも知られることのないその墓には、ただ一人の女性に剣をささげ、騎士を目指し、そして散っていった男が、今も静かに眠っている。
 遂に届くことのなかったその想いとともに・・・。
GM
 ということで、
 セッション終了です。おつかれさまでしたー!1
ルシード
 おつかれさまなのでしー!
サントス
 お疲れ様でしたー
アンナ
 お疲れ様でしたー!!!
ヴァロージャ
 お疲れさまでした~!

アフタートーク/ 勝手に変えんな!ww  

GM
 剝ぎ取り、きっとあの後してるでしょうし ポルターガイスト1つとデスソード1つ どうぞ
ヴァロージャ
 アンナさん変転残ってるし、デスソード、ドゾー
アンナ
 デスソード分 (ころころ)なし!
ヴァロージャ
 それとレスティリガイストは戦利品ねーじゃないですかやだーw
ルシード
 あのやろー!
ヴァロージャ
 ポルターガイストは剥ぎ取りしなかった扱いでいいんですねー
GM
 うんにゃ、ポルターガイストも1個いいですよ<はぎとり
ヴァロージャ
 3部位だったけど、温情だし、一度剥ぎ取れるだけでも御の字よー
 で、だれが振る? 個人的にはサントスさんどうぞな気分ですが
サントス
 では、いただきます。(ころころ) 8。
ルシード
 やりました。
 「意匠を凝らしたツボ (150G)」
GM
 壺かよ!w 勝手に変えんな!ww
アンナ
 ツボwwww
サントス
 ツボwwww
ルシード
 これはいいものだ!
ヴァロージャ
 最後まで壺かwww
GM
 ・・・・・・・・・・・・・・いやうん、壺でいいな。コア部位だし
ヴァロージャ
 www
 この古城、絶対城主マ・○ベとかそんなんだろうwww
GM
 あと、ヒルポ+1ですが、フリーキャンペーンですし、よければ販売価格で引き取ってお金に換算しますが どうです?
ルシード
 ごくごくごく・・・ぷはぁ
ヴァロージャ
 飲まれたらしい。
GM
 wwww
アンナ
 飲みよったwwww
ルシード
 売ってもいいよ!
サントス
 wwww
GM
 空やん!
アンナ
 空やんけwww
ヴァロージャ
 これ、美少女の飲み残しとかうそぶけば、エヴァが飲み干しそうだが果たしてw
 空だけどなw
アンナ
 臭いでばれるでww
GM
 まあ、200Gで換算しときますw
ヴァロージャ
 然様かww
ルシード
 冗談はともあれ引き取ってくれるならいいんじゃないかしら
ヴァロージャ
 わぁい

オマケ1:パーティ紹介  

ヴァロージャ

 ヴァロージャ

 ハイマン/男/年齢不詳
 プリ―スト(フェトル)2、コンジャラー2、セージ1
ルシード

 ルシード・ゼクスタヴィア
 
 人間/男/17歳
 フェアリーテイマー2、ファイター2、スカウト1
アンナ
 
 アンナ=ロバート

 人間/女の子/17歳
 ファイター3、スカウト1、セージ1、エンハンサー1
サントス

 サントス
 
 ルーンフォーク/男/6歳
 シューター3、マギテック2、セージ1

オマケ2:リザルト  

★経験点
 基本経験点=1000点
 モンスター経験点=140点

 合計1140点(PC総経験点 6420点)

★収入(一人当たり)
 600G

★獲得名誉点
 14点(PC総名誉点 45点)

オマケ3:後書き  

 初めまして or お久しぶりです。GMのアーリングです。
 今回はいつもの富士見TRPGONLINEだけでなく、TRPGオンラインセッションSNS(通称、TRPG温泉)からもPLさんを同時募集してのセッションと相成りました。
 おかげさまで双方のサイトから参加申請がありまして、GMとしては嬉しく思います。わーーーい!
 
 今回は「夏だし怪談がしたい!お化けお化けー♪」とシナリオを組んだのですが、怖いの苦手なの思いだした・・・。
 なのでホラーというよりコメディチックになってしまったのですが、気にしない! というかPC達のドタバタ見てたらシリアスさんなんてどっかいっちゃうよこの卓!w
 兼ねてから出してみたかったポルターガイスト、弱体化バージョンとはいえ出せたのは楽しかったしね。

 今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。 また次回のリプレイも読者として、はたまたPLさんとして読んでいただけるのを楽しみにしています!

 2016/9/23 アーリング

aoringo CHAT logger